校則違反

とある雷門中での出来事



雷門中では風紀検査が行われているようです



朝、校門前




円堂「豪炎寺!鬼道!おはよう!!」




豪炎寺「あぁ。」




鬼道「おはよう」




先生「こらっ!円堂!学校にバンダナをしてくるなといつも言ってるだろう!没収だ!!」




円堂「じーちゃんのバンダナなんだ!!俺の宝物だ!!絶対渡さないぞっ!」




先生「だったら学校の外でしなさい。とりあえず今は没収だ。中学生には必要ない!!風紀を乱されては困る!後で生徒指導室に来なさい」




円堂「えぇ――――!!俺の大事なバンダナがぁああああああ!!」




先生「それに豪炎寺!!ワックスをつけるのは校則違反だといつも言っているだろうがっ!」




豪炎寺「先生、お言葉ですがこれは地毛です」




先生「じゃあ今すぐ洗い流して証明してみろ」




豪炎寺「…………………すみません」




先生「そうだろう?先生は欺けないぞ、わかるんだからな、それにお前は金髪だ、後で生徒指導室に来なさい、黒染めしてやるからな」




豪炎寺「…………はい」




先生「鬼道もいつになったらそのドレッドヘアを戻すんだ。」



鬼道「ですから先生、前にも言った通りこれは地毛です。俺の親もそう言っていたはずです」



先生「ドレッドヘアの様な髪型は地毛でも駄目だ。風紀が乱れる、それに雷門の評判が悪くなるだろう!!」




鬼道「…………はい」




先生「わかったならば宜しい、それにそのゴーグルとマントも没収だ、中学生活に必要無いだろう?後で生徒指導室に来るように」




鬼道「……………………はい」




先生「どうしてうちのサッカー部はこんなに素行が悪いのだろうか。いくら全国大会で優勝したからってこれではイカンぞ」






半田「よう!おはよう!またお前ら先生に怒られてんのかよ〜」




円堂「まぁな〜」




先生「…………!!!見ろお前ら!これが本来の中学生のあるべき姿だ!」




半田「え!?俺ですか!?」




先生「お前らももっと半田を見習え!髪がまともで装飾品は身に付けていないし服装も乱れていない、いかにも普通の中学生って感じだ!!素晴らしい…………素晴らしいぞ半田!!!まさに中学生の鏡だ!!」


半田「…………………。なんかあんまり嬉しくないな」







オチがないww

サッカー部の方々は校則違反者だらけですよね(笑)

言ったらおしまいでしょうけど(笑)

[ 6/6 ]

[*prev] [next#]

[しおりを挟む]





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -