この悲しみが消えると分かっていたなら
凶器は腑に添えて
目に見えなかったものが壊されたとき
滲んだ記憶と共に流される
花弁の跡 / 遠ざかる春の光 / 濡れた花飾り
出来れば醒めないままで



タップで読むBLノベル
- ナノ -