涅槃寂静
「えへ、実はどうでもいいんですよぉ……それにそちらには利益ありませんしぃ……」
涅槃は軽く口を開く。
おかしくて仕方がない。
古式に至ってはいつもと同じ表情を浮かべている。
想定の範囲内だ。
ニコニコと笑う。
楽しくて仕方がない。
数人と人質が居る、この程度の状況なら多少の被害程度でどうとでもなる。
命はない?どうでもいい。
「……人質取ってるんだ、あっちもそう簡単には手出ししないだろ」
ぼそぼそと呟く声が聞こえる。
涅槃はけらけらと高く笑う。
普段はしない笑い方だが、意外と発音が容易い。
涅槃は少し前に出て、要求について尋ねる。
「一応決まり文句でしょうしぃ……聞いておきますねぇ……何が目的ですかぁ?」
他の一行はじっと視線を同じ位置に止め、動かない。
涅槃はおどけた調子で言い、またけらけらと笑った。
「そこの荷物、人質と交換しろ」
予想通りの要求に、涅槃はにい、と口角を上げる。
手首につけたブレスレットをいじりながら、さらに涅槃は続ける。
「……ところで、いいデータ取れてますぅ?」
傍若無人に適当な言葉を投げ掛ける。
返答はないが、古式は妙な色の目をぱちりと開いた。
風が少し強い。
はためく白衣を見ながら、涅槃は関係のないことに思いを馳せていた。

続く
prev nextbkm
「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -