言語齟齬
楽は雑巾を探していた。
この緊急事態に何を、と自分でも思う。
しかし、意外とこういった日用品は見当たらないもので、資材室をあさっても布のようなものはほとんど無い。
実験室まで行くとなるとひどく遠ざかる上、先ほど防火扉を閉じた場所を通らないとさらに時間がかかる。
自分の功績を自分で台無しにするわけにはいかない。
「うーん、雑巾雑巾」
口のなかで復唱するが、なんだか情けない。
先ほど他の研究員に連絡を頼んだが、信用はならない。
ぱたぱたとスリッパで音を立てながら走っていく。
楽は扉が開いたままの室内を見る。
見ればタオルがおいてある。
誰のタオルだか知らないが、こんな時だ。
使ってしまっても文句は言われないだろう。
楽は持ち前の楽観視をもってして、タオルをつかんだ。
近くにメモ帳がおいてあるのを見つけ、これ幸いと楽はメモを残す。
「ん、あ?なんだこれ」
メモを開くと、中には見たことのない字が並んでいる。
いや、見たことがある。
確かトメニアの言語だろうか。
楽はメモをぱらぱらとめくる。
次第に字が乱れていくあたり、焦って書いていたのだろう。
しかし、読めないので楽はそれを無視する。
メモのはしっこに、タオルお借りしてます。と小さく書き記して、楽はタオルを無事に入手した。
先ほどの場所に戻るべく、楽は再びぺたぺたと歩いていった。

続く
prev nextbkm
タップで読むBLノベル
- ナノ -