後片付け優先で
楽は歩いていた。
足を引きずるようなみっともない真似はしない。
ところどころで見かける瓦礫を逐一どけて、道を作り直したりと、後の修復が楽なように楽は動いていた。
少し休むために、座り込めば、なぜか笑いが込み上げた。
何に対する笑いなのかは本人にも理解できない。
笑いながら起き上がり、もう少し先の地点に目をやれば、水浸しになっている。
なぜ水浸しなのか考察してみるが、よくわからない。
周囲に人が倒れている。
起こしてみようと楽は近づく。
「あのー、どうかしたのかな?」
楽は比較的外面を装った口調で尋ねる。
何かあった時のために、電気棒はしっかりと握りしめている。
「ん、うう……え?」
研究員とおぼしき男は情けない声をあげて起き上がる。
焦点はしっかりとあっている。
正気だろう。
楽は男にもう一度話しかける。
「ここ、水浸しなんだけど一体何が」
「はっくしょん!」
漫画みたいな声をあげ、男はくしゃみをする。
楽はあっけにとられてぼんやりと男を見た。
「あの、何が」
楽はもう一度同じ質問を繰り返す。
「ああ?よくわかんないよそんなの。気がついたらここで倒れてたんだし」
楽はふうん、と小さく呟くと、男に他に現状を報告しに行くように指示した。
男は釈然としない様子で歩いていく。
さすがにこのままだと誰かが滑る。
楽はそんなことを考えながら、立ち去っていった。

続く
prev nextbkm
「おっさん受け」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -