告白
01
しおりを挟む


 僕はどこにでもいるような、ごくごく普通の高校教師だ。
 けれどそんな自分にごくごく普通ではない、思いの寄らない言葉が投げかけられた。そしてその言葉に思わず口を開けたまま、僕は時間が止まったように身を固めてしまった。
 視線の先で彼は、間抜けた僕を見て笑うでも困惑するでもなく。ただじっと数分前と変わらぬ表情でこちらを見ている。

「い、いま、なんて?」

 自分だけが取り乱しているその状況に声はどもり上擦った。暑くもないのになぜか滲んできた額の汗をさり気なく拭い、再び僕はオウムのように先ほどと同じ言葉を繰り返した。
 さすがにその情けなくうろたえた様子を哀れに思ったのか。彼――藤堂優哉はわずかに眉尻を下げて顔を歪めた。そして藤堂は少し躊躇いがちに口を噛んだが、両拳をぎゅっと握り一歩前へと足を踏み出した。
 狭い室内。椅子に腰かけた僕と目の前に立つ藤堂の距離は一メートルもない。無意識に床を蹴り椅子を後退させると、静かな部屋の中に床を擦るキャスターが、錆びついた嫌な音を響かせる。

「西岡先生、あなたが好きです」

 優しい低音が先ほどの耳に障る音をかき消した。綺麗でよく通る声だと思った。きっと彼にそう告げられれば、大抵の子たちは頬を赤らめ頷いてしまうだろうとさえ思う。
 だが――残念ながら僕は同性に恋情を覚えたことは一度もない。

「い、いや、気持ちは嬉しいけど……僕は」

「先生、いま答えを出さないでください。少しだけでいいから考えてもらえませんか。そのあとに断られるのなら受け入れます」

 僕の返事は間髪入れずに遮られた。
 こういうことをあまりずるずると引きずりたくないほうなのだが、藤堂の真剣な面持ちに言葉が詰まる。

「え? ああ、うーん、いやけど」

「男に告白されるなんて、気分のいいものじゃないでしょうし、断られるのはわかっていました。でもほんの少しでもいいので、考えてもらえませんか」

 また一歩踏み込まれ、そらしかけた視線を正面に向き直された。どうにも彼の瞳は優しげに見えて力強い。

「なんで? 藤堂なら女の子にも普通にモテるだろ? 僕なんかじゃなくても同年代で好きな子はいないのか」

 そう疑問を口にすれば、藤堂の瞳がわずかに揺れた。

「昔から、女性に興味が湧かないんですよ」

 どこか自嘲気味に笑った藤堂のその表情に、思わず僕はうな垂れるように片手で額を押さえ俯いた。

「悪い、余計なこと聞いた。うん、そうだよな。うん、いまのは僕が悪かった」

 いまこの状況でそんな質問をする僕は最低だ。冗談でもからかいでもなく、こんなに真剣に向き合ってきているのだから。一時の気の迷いというわけでもなさそうだ。それにここは女っ気が極端に少ない場所でもなければ、閉鎖された空間でもない。ましてやごく普通の共学の私立高校。
 男女比だって工業高校でもないのだから半々に近い。

「とりあえず、ちょっと時間をくれないか? 少し落ち着いて考えるから」

 そうだ、まず動転してうまく働いていない頭を冷やさないとどうしようもない。

「あ、これってその、あれだ。えっと」

 しどろもどろな僕の様子にほんの少しだけ首を傾げたが、藤堂はすぐに言いたいことに合点がいったのか、微かに笑みを浮かべる。

「応えてくれるなら。あなたとお付き合いさせてください」

 ふわりとした藤堂の笑みは男の自分さえ一瞬、胸が思わず高鳴るほど綺麗なものだった。照れたように少しはにかんだその表情に、不覚にもまた見とれる。

「まっすぐなんだよな」

「え?」

 ぽつりと小さく呟いた僕の独り言に、藤堂は不思議そうに首を傾げた。

「なんでもない」

 間違いなく女の子だったらいちころだ。こんなにも一途でまっすぐなその瞳に見つめられて、堕ちない子はそうそういないだろう。
 しかし何度も言うが――僕は生まれてこの方、同性に恋情を覚えたことはない。憧れや羨望で男気に惚れるというのはあるけれど。

「……かといって」

 同性の恋愛に偏見があるわけでもないのだ。目の前にいるのが藤堂ではなく、女子生徒だとしても同じことを言った気がする。
 とはいえこのハードルはいささか高過ぎる。まさに未知との遭遇。いざまっすぐぶつかられると、どう対応したらいいのかわからないものだ。

「西岡先生。困らせてすみません。けど、伝えておきたかったんです。……西岡、佐樹さん。俺は、あなたがずっと好きでした」

 人生山あり谷あり。僕は教職に就いて初めて教え子から愛の告白を受けた。しかも相手は十五歳も年下の現役男子高校生。まっすぐ過ぎるその想いにもうすでに、脳みそがついていけてない。
 甘酸っぱい青春は時間の波間に置き忘れてきた。そんな――三十二年目の春。

[BACK | NEXT]
[しおりを挟む
[TOP]



- ナノ -