著:るしるし&はづき
見た目年下ふんわり癒やし攻め×生真面目な天然男前受けの、まったり田舎暮らし

亡くなった祖父の家を継いだ青年が、都会から地方へ引っ越してきたことから始まるお話です。
ほんのり和風ファンタジー風味。
※年の差/リレー小説/不定期更新

第一節気/るし、第二節気/はづきと、三話ずつ交代で綴っていく形になります。
しおり一覧
BACK NEXT
第一節気 立春
初候*東風解凍(こちこおりをとく)
次候*うぐいすなく
末候*魚上氷(うおこおりをいずる)

第二節気 雨水
初候*土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)
次候*霞始靆(かすみはじめてたなびく)
末候*草木萌動(そうもくめばえいずる)

第三節気 啓蟄
初候*蟄虫啓戸(すごもりむしとをひらく)
次候*桃始笑(ももはじめてさく)
末候*菜虫化蝶(なむしちょうとなる)

第四節気 春分
初候*雀始巣(すずめはじめてすくう)
次候*桜始開(さくらはじめてひらく)
末候*雷乃発声(かみなりすなわちこえをはっす)

第五節気 清明
初候*玄鳥至 (つばめきたる)
次候*鴻雁北(こうがんきたへかえる)
末候*虹始見(にじ はじめて あらわる)

第六節気 穀雨
初候*葭始生(あしはじめてしょうず)
次候*霜止出苗(しもやんでなえいづる)
末候*牡丹華(ぼたんはなさく)

第七節気 立夏
初候*蛙始鳴(かわずはじめてなく)
次候*蚯蚓出(みみずいづる)
末候*竹笋生(たけのこしょうず)

第八節気 小満
初候*蚕起食桑(かいこおきてくわをはむ)
次候*紅花栄(べにばなさかう)
末候*麦秋至(むぎのときいたる)

BACK NEXT


七十二候、二十四節気を基に一年を巡るお話です。
七十二候とは古代中国で考案された季節を表す方式のひとつです。
二十四節気はさらに約五日ずつの三つに分けた期間。
これを二人で三つずつ暦通りにリレーをし、一年かけて全七十二話連載をしていく予定です。
※ナノで表示できない漢字がある場合タイトルは当て字のみになります。
MAIN
HOME
- ナノ -