水面に映る月に恋をした。


融ける淡色
流るる水面
揺れた月に
声を嗄らしても
届きはしない

それはいつかの君で

まるで私は

月に恋を謳う幸せ者

だって君は言うでしょう

「私はみんな大好きだ」

そのひとつであるなら

私は充分幸せであるのです





毒虫野郎と方向音痴様に提出させていただきました♪ありがとうございます!

2010/03/15

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -