long time no see2



「ねぇねぇ!俺の挟んでもいい?」

ぐったりしていれば、全てを脱いだおあいて2君が胸元で馬乗りになってきた。

「ひゃうっ!?」

聞いてくるくせに、すでに熱くて硬いモノを私の谷間に埋め込んでいる。

「やっば…めっちゃ気持ちいい…」

声を弾ませた彼が腰を前後させ始めると、腰の奥からトロリと蜜が溢れる。

「んだよ、おあいて2ばっかずるいって!」

なんて言いながらも、おあいてはちゃっかり私のスカートとショーツを脱がせて、中心に指を伸ばしていた。

「ちょっ!?おあいて!?やだっ!」

「やだっていう割にビチョビチョに濡れてるし、ココ…」

歯茎を見せながら入口を撫でられると、ぬかるんでいるのが自分でも分かった。指が花びらに触れて、少しずつ中に入ってくる。

「なまえちゃん、先っぽ吸って?」

おあいて2君が本当にに気持ち良さそうに甘く吐息を溢すから、何でもしてあげたくなってしまう。そして、言われるがままにその先端に口をつけた。

「お前、中ヌルヌルだぞ?指、スッゲー締め付けてくる」

「んんっ!!はぅっ…!」

下からおあいてが指を動かして粘膜を擦り上げると、気持ちよくて腰が浮いてしまう。私の反応に調子に乗った彼はそのままどんどん速度を上げてくる。膣内が段々と痺れはじめて、とうとう達してしまった。

「あっ…もっ…出る…」

そのせいでおあいて2君に集中できないけれど、お構いなしに胸の間を前後する熱い塊はピクピクと跳ねながら、透明な液体を吐き出している。口の中に含んで吸い上げれば、低い呻き声が聞こえて、口の中にトロリと濃い液体が注がれた。

「なまえちゃん、飲んで?」

口の中に自身を押し込んで喉の奥へと流し込んでくる。おあいてにイカされて、頭の中がぼんやりしている私はされるがままに飲み干した。

「やっべ…我慢できねぇ…」

「俺も」

二人が私の顔を覗き込んで楽しそうに歯を見せている。おあいてもいつの間にか服を全て脱いでいた。

「も…無理…」

「何言ってるの?なまえちゃんこれからでしょ?」

「おあいて2はさっき散々いい思いしてから、俺からだかんな」

そう言って、おあいては正面から自身をあてがいそのまま入ってきた。

「んっ…!やぁっおあいて…」

「気持ちいい…マジで…」

中に全てを収めたかと思えば、性急に律動を始める。身体は嫌でも反応してしまい、自分の膣壁がかつての同級生に絡み付いているのがわかる。

「なまえめっちゃ感じてんじゃん」

私の反応の良さに嬉しそうに腰を打ち付けながら、頬に軽いキスを何度も落とすおあいて。

「おあいてさ、中学の時、なまえちゃんの事好きだったんだよ」

「ひゃあっ!?」

私の頭の方に回り込んだおあいて2君が、上から両胸を鷲掴みにする。

「おあいて2!余計な事言うなよ!」

「なんで?いいじゃん。もうこんな風にエッチしてる仲なんだし」

楽しそうに先端をくにくにと押し潰しながら、私のおでこにキスを落とす。

「なまえ…ごめん。あの頃俺バカだったから酷い事ばっか言って…」

「おあいて…いいよ…」

「俺、本当はお前の事好きだったんだ…」

真剣にそう想いを告げる彼が私の中で大きくなる。その刺激に反応して、思わず抱きついてしまった。

「二人ともラブラブじゃん!」

冷やかすおあいて2君の声もお構いなしに、おあいても私のお腹に自分のお腹をくっつけて激しく腰を打ち付けてくる。奥までグリグリと刺激されて、さっきの指から与えられたとは比べものにならない快感が押し寄せてくる。

「おあいて…も…イっちゃう…!あぁっ…!」

とうとう私は身体を大きく痙攣させて達してしまった。  そして、強く抱き締められながらその余韻を噛みしめる。 

「なまえ…俺も…イク…」

そう呟いて、今度は私の胸に顔を埋めたおあいてが身体を震わせる。私の腰の中で大きく彼が脈打ち、薄い膜越しに欲望が弾けるのを感じた。


「なまえ、俺の事どう思う?」

スッキリした顔のおあいてが私を覗き込む。

「俺に言われた事気にしてここまで胸でかくしたって事はもちろんお前も…」

ニヤニヤとよからぬ期待に歯茎をみせていた。

「…ごめん。私、おあいて2君が好きだったの」

「マジ!?俺もなまえちゃんいいなって思ってたんだよ」

「ちょっ!?なんだよそれ!さっきの流れからしてそこは俺って言うとこだろ!」

少し理性が戻ってきた所だったから、当時の自分の気持ちを正直に告白すれば、沸き立つおあいて2君と怒り出すおあいて。

「うるさいよ!次、俺なんだからどけよー!」

今度は私を抱き寄せて股がらせ、下からおあいて2君が入ってくる。

「ねぇ、チューしよ?」

なんて、可愛くおねだりされれば断ることもできるはずもなく、素直に何度もキスをする。

「なまえちゃんのおっぱい気持ちいい」

「おあいて2君…」

私の胸に嬉しそうに顔を埋めながら、中を突き上げるかつての好きな人が可愛くて、その頭を抱き締める。柔らかい髪の毛が少しくすぐったかった。

「何なんだよ!二人だけでイチャつきやがって!」

そんな甘い雰囲気に乱入するかの様に、不機嫌なおあいてが後ろから胸を掴んできた。

「あっ!おあいて!ダメっ…!」

「ダメじゃねぇよ!俺にももっといい思いさせろ!」

そのまま、一晩中3人で、あの頃よりは大人な大騒ぎを繰り広げたのは言うまでもない。


2015.6.21
天野屋 遥か



prev/next

back


タップで読むBLノベル
- ナノ -