悪魔の誘惑 | ナノ


▼ 悪魔の恋人2

「やあぁっ!」

思っていたよりもずっと大きな存在感に戸惑っていると、お構い無しに先端が丁度子宮口にぐりぐりと押し付けられていた。

「…くっ、みちる先生、動くよ?」

そのまま、彼は律動を開始した。

パンパンーー
蛍君が腰を打ち付ける音が響く。
張り出したエラで襞を擦られる度に、膣内がきゅんと反応する。

「…すっげぇ気持ちいい」

彼が吐息まじりに呟いた。
低く、艶のある声が子宮に響く。

「はあぁっ!」

激しく膣内をかき混ぜられると、 迫りくる快感に耐えきれず、背中を弓なりにし、絶頂に達してしまった。
膣が痙攣している。

力が抜け、倒れそうになった所を蛍君に抱き止められた。

「俺はまだイッてないよ?」

整った顔を歪めてニヤリと笑う彼の表情に戦慄が走る。


「やぁ、もう許して…んんっ…」

今度は片足を彼の肩に掛けさせられて、背後から奥を責め立てられ続ける。

「んんっ、はぁん…だめぇ…」

言葉では拒絶するも、 子宮を裏から擦られる感覚に内側から痺れてしまい、愛液が溢れてくる。

「先生、気持ちいいんでしょ?
   どんどん溢れてくるよ」

グチュグチュとかき回され、何度も絶頂を迎えさせられた。頭の中は霞がかったみたいにぼんやりとしている。
強烈な刺激によるあまりの快感に、恐怖を感じた私は腰を引こうとするけれど

「逃げるなんて許さない」

腰をがっしり抱えられて突かれる。
身体を密着させ、彼が奥を責めてくる。

「あぁ、やだぁ…またイッちゃう」

「いいよ。…みちる先生
    俺ので何回でもイッて…」

「あぁっ!」

再び痙攣し、彼のモノから精液を絞りだそうと、膣壁が絡みつく。すると、彼自身の質量が膣内で増し、子宮口に押し付けられる。

「っ…先生…」

呻き声と共に彼の肉棒から熱い欲望が放たれた。そのまま、温かい液体が私の膣内にじわりと染み渡る。その間もずっと痙攣は収まらなかった。

「みちる先生ほんと淫乱だね。
   不倫だけじゃなくて、生徒に犯されて
   中出しまでされてんのに感じちゃって」

全てを出しきった彼が、満足そうに意地悪く口元を上げて笑う。

「はぁっ、はぁっ…」

呼吸に必死で、何も言い返せない私。

「ひゃあっ…!」

肉棒を抜かれると、感じすぎて腰が立たなくなった私は机に崩れ落ちた。
膣内からドロリと液体が溢れ出る感覚を覚える。


「安心してよ先生。
  俺はバラす気ないから。その代わり…ね?」

私の顎を上に向かせると、蛍君は深い口付けを落とす。行為を終えた後の気怠さと、白い肌に滲んだ汗が妖しい艶めかしさを彼に与えていた。

全部うまくやるから
先生は何も心配する事ないんだよーー

服を整えた彼は私の耳元でそう囁いて、何事もなかったかの様に資料室から出て行った。



2015.5.22
天野屋 遥か





prev / next

[ back ]



×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -