悪魔の誘惑 | ナノ


▼ 悪魔の花嫁2

「…っ、んぁっ」

言えないーーーー

言ってしまったら、この子から逃げられなくなる…

「ほら、早く言って?欲しいんでしょ?」

私の気持ちを見透かすかの様に挑発して、先端だけを中に入れる。

「ひゃあっ!」

「簡単だろ?
    イカせて欲しいって俺におねだりするだけなんだし」

瞳を伏せて、口角だけをあげる蛍君。
その白い肌に浮かぶ汗と、額に張り付いたしなやかな髪の毛が更に妖しさを際立たせていた。
そんな彼が亀頭を膣の入口のすぐ裏の粘膜に擦りつけて小突く。その張り出したエラで襞が刺激されれば、愛液が溢れて粘膜が粘り気を増した。

じれったくって、もっとして欲しいと望んでしまう。
先を浅くグリグリと押し付けられると、子宮の奥がこの美しい教え子を求めて疼いているのがわかる。

「ほら、早くしないと抜いちゃうよ?」

そう耳許で囁きながら、彼は腰を引く。

「やだぁ…」

私が呟くと、彼は動きを止めた。

「お願い…だから…」

「聞こえないよ」

か細い声で訴えれば、 ニヤニヤしながら彼は私を更に煽る。

「…かせて」

「だから、そんなんじゃ聞こえない。もっと大きい声ではっきり言ってよ。いつも、先生が言ってる事でしょ?」

まるで、授業の時に皆の前で発言する時の様な堂々とした笑顔で、生徒の顔をして私を追い詰める。

「蛍君、お願いだからイカせて!」

とうとう我慢が限界に達した私はそう叫んだ。その刹那、最奥に稲妻の様な衝撃が走った。彼が一気に奥まで肉棒で貫いた。

「よくできました。これからすごく気持ちよくしてあげるね」

「あぁっ!!」

焦らされた分、与えられる快感が大きい。
正面から子宮を突き上げられれば、胎内が喜んでいるのが嫌でも分かってしまう。

「はぁっ、ふぁっ…ん」

「可愛い。そんなにいいんだ」

彼は動きを早めて、時折、子宮口に先端をつけたまま、膣内を円を描くように動く。

「あぁっ!!それっダ…「"イイ"んでしょ?先生はいつも"ダメ"っていうよね。ほんとは感じてるくせに」

   
ちゃんと素直に言ってよーーーー

不満げに可愛く唇を尖らせたかと思えば、不意に口付けをする。勿論、彼の腰の動きは止まらなくて、絶え間なく襞をエラが擦る。
言い知れぬ快楽が襲いかかってきた。

「はぁ…あぁっ!イイ!」

もうダメーーーー

「やっと素直になったね。みちる先生」

嬉しそうに蛍君が呟く。

「はぁっ…もっとして…!」

一度、たかが外れてしまうと、もう歯止めが効かなくなってしまい、彼を求めてしまう。
まるで乾いた大地に恵みの雨が降り注いだ時みたいに、甘い刺激をどれだけ与えられても足りなくて、ねだる様に腰をくねらせて、自ら気持ち良い部分に蛍君を導く。

「みちる、ご褒美あげる…」

うっとりとした彼の声に反応し、彼の首筋に腕を絡ませて身体を密着させれば、彼の肌の熱さが伝わる。粘膜が彼に一層絡み付けば、腰を打ち付ける速度が増す。

「はあぁっ!イクっ!」

膣肉が彼の肉棒に吸い付いて、痙攣が始まる。

「先生、イッて?」

彼が激しく膣内を掻き混ぜれば腰が自然と浮いてしまった。

「あぁっ!蛍君!!」

目の前で閃光がスパークし、頭が真っ白になる。膣内は激しく痙攣し、彼の白濁を求めていた。

「はぁっ……俺も無理…」

彼の肉棒が胎内で暴れるのを感じまた締め付けてしまう。雌としての本能からか、足を彼の腰に絡ませ、一滴も残さず熱を搾りとろうとする。

注がれた彼の欲望で子宮が満たされるのを感じた…

「先生」

蛍君が自身を膣内に留まったまま、私の上に倒れこんできた。

「やっと、俺の事求めてくれたね」

嬉しそうに私の事を抱き締めた彼は、長い睫毛で縁取られた大きな目を細めて私を見つめる。

「みちる先生、愛してる。
    だから離れて行かないで」

綺麗な顔をした悪魔は甘い言葉を紡いで、その胸に私を納めたのだった。

罠にかかった私は、出口のない快楽に溺れた。

悪魔に囚われてしまった私は
もう、逃げることは叶わない…


2015.6.17
天野屋 遥か


prev / next

[ back ]



「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -