Sweet?(前編)@



この時間がずっと続くと思ってた。

まだ慣れない私に、優しくしてくれた貴方はかけがえのない人だったの。



「なまえさん、今、手空いてる?」

皆がせわしなく働いている、ある会社のオフィス。
配属されているチームのおあいてリーダーから声をかけられる。

「はい!」

「ちょっと、新しい仕事を覚えてもらいたいんだけどいいかな?」

「お願いします!」

「ちょっと!なまえさんに、あの仕事を教えてあげてほしい。彼女なら多分すぐに出来る様になるから」

「わかりました。なまえさん、じゃあ、こっちへ来てくれる?」

先輩に指示を送るとリーダーはそのまま会議へと向かい、先輩が書類を用意し始めた。
この職場にきて4ヵ月が過ぎて、やっと馴染めてきたところ。
チームもいい人ばかりで、慣れない私にも丁寧に仕事を教えてくれる。

「こんな感じで進めていけばいいですか?」

「うん!なまえさん、要領掴むの早いから助かるわ」

先輩の言葉に、やる気が湧いて来る。
転職したばかりで、分からない事も多いけど色んな事に挑戦しようと思ってるから、こうして新しい仕事を教えてもらえるとすごく励みになる。


「なまえさん、この書類だけど…」

リーダーが私のデスクへやって来た。

「どうして、こういう風にしたの?」

昨日、私が決裁へ出した書類をデスクに広げる。
ミスをしてしまったらしく、ペンでチェックされた箇所を指で差される。

「この方が表が見やすいと思って…あと、いつものやり方よりもこの方が効率いいと感じたので…」

自分なりに考えてやった事だったので、素直にそれを伝える。
リーダーはそれを遮る事なく、顎に手を当てて真剣に私の意見を聞いていた。

「なるほど…でも、今回の場合はこの方法だとできないんだ。決裁通ったあとに、また別の部署との連携もあるから…」

「そうですか…すいません」

「でも、別のケースの時はこのやり方が合うと思う。今度から、事前に相談してくれると助かるな」

「ありがとうございます!」

自分の意見が採用された事が嬉しくて、つい大きい声が出てしまう。

「なまえさん、よかったね」

一部始終を見ていた先輩が、リーダーが戻った後にこっそりと声をかけてくる。

「はい!」

「ほんと、来たばかりなのにうちの部署にもすっかり馴染んでてすごいわよ」

それはこのチームの中心であるリーダーのおあいてさんのおかげだった。
私をよく見ていてくれて、こうしてアドバイスや仕事を覚える機会を与えてくれていたから。


「「「お疲れ様でした〜!!」」」

今日は、仕事終わりでチームの皆で飲み会。
リーダーの呼びかけでこうして毎週金曜は飲み会が行われる。

「なまえさん、おあいてリーダーとほんと仲良いいよね」

お酒が進んで盛り上がってきたころに、先輩が突然そんな事を言い始める。

「それ、俺も思ってました!もしかして…」

おまけに、他の先輩まで会話に入ってくる。

「違いますよ!」

いきなりの攻撃に慌てて否定をする。

「だっておあいてリーダー、結婚されてるでしょ?奥さんが羨ましいとは思いますけど…」

そう、それは事実。
仕事の上でもリーダーシップを発揮しているおあいてさんは、このグループ皆からも慕われている。
こうして、彼が主催する飲み会もほぼ欠席者がいないのがいい例だ。

眼鏡越しの真剣な眼差し。
整った顔立ちに、経験に裏打ちされた年相応の深みも加わった雰囲気。

惹かれないはずがなくて。
好意を抱くのに時間はかからなかった。

「なまえさん、勘違いしてるよおあいてリーダーって独身だよ!」

「え!?そうなんですか!?」

「俺もびっくりでしたよ。それ知った時!」

「それに、なまえさん来てからちょっと変わったよね」

「ですよね」

私が来る前の話は分からないから、そのまま先輩達の話を聞きながら唐揚げを口へと運ぶ。

「うん。前から仕事の上では面倒見はよかったけど、飲み会とかを積極的にしたりとかするタイプじゃなかったからさ」

意外…
そうだったんだ。
てっきり皆とこうして騒ぐのが、もともと好きな人なんだと思ってた。

「なんだ、お前たち俺の悪口か〜!?」

すると、生ビールのジョッキを持って、私達のグループへ噂の本人が乱入してくる。

「俺が厳しすぎるリーダーだって!?」

「誰もそんな事言ってませんよ!」

「綺麗で胸のデカい若い女の子だったら、優しく指導してやるぞ!」

そのクールな風貌からは想像もつかないオジサン発言を始めるリーダー。

「も〜!リーダーったら何言ってるんですか!」

「だってそうだろ?」

すかさず、ツッコミを入れると楽しそうに笑うおあいてさん。
私なんかが相手にされる訳はないから、仕事は頑張って少しでも誉めてもらえる様に、少しでも視界に入るようにと頑張っていた。
そんな中、こうして冗談を言ったりすることが出来る仲へとなった。

ねぇ、もしさっきの先輩の話が本当なら、もしかして私にもチャンスはあるの…?

なんて、嬉しい期待に胸が躍り始めた。




「なまえさん、ちょっと!」

それから暫くして、おあいてさんのさらに上司である広田課長に呼ばれる。
この人はいつも言葉がキツくて怖い。
入って日の浅い私は関わることはほとんどないけれど、役職者を呼びつけてみんなの前で怒鳴ったりとか、とにかく評判が良くない。

「えっ…異動ですか?」

「そうよ!来月から配置換えになるから!」

「…そうですか」

突然の通達に驚いて言葉が出ない。
課長の正面で呆然としてしまう。

「何?不満なの?」

席に座ったままの課長が私をギロリと睨み上げてくる。

「いえ…ただ突然過ぎて驚いてしまって…」

「これは決定事項なの!人事に文句はつけさせないわよ!」

冷たい言葉を浴びせられて、そのままデスクへと帰されてしまった。



prev/next

back


×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -