school days | ナノ


▼ for a change

「海人!銀!頑張れ〜!!」

ベンチから声援を送る。

とうとう今日は練習試合の日。
本日で、私のサッカー部代理マネージャー生活も幕を降ろす。


後半残り3分で海人から銀にパスが通るも、そのシュートは、ゴールキーパーに弾かれてしまった。
審判のホイッスルが鳴り響く。

試合終了!ーー

「お疲れ様〜。2人とも凄かったよ!」

練習試合の終わった2人に、タオルを渡すけど

「「あ"〜っ!!悔しい!」 」

銀と海人が大声で叫ぶ。

そう、1対2で試合に負けてしまったのだ。


「のぞみがマネージャー最後の日だから、
   勝ちたかったのに…」

海人がしょんぼりしてる。

「また練習して、次は勝てるようにするしかないよ! 次の試合も、応援に行くから!」

私がそう言うと

「…それ、ほんと!?」

銀が顔を上げる。

  「うん!
   あと、 今日は2人の分も弁当作ってきたから食べて元気だしなよ!」

私がそう言った途端――

「「マジで!?」」

さっきまでの落ち込み様が嘘みたいに2人は元気になっている。
まるで、凄い喜んで尻尾を振ってる犬みたいだった。


3人で、中庭のベンチに座ってランチタイム。

部活後の奴らの食欲は怪物並だから、私は重箱3段に弁当を作ってきた。
(もちろん、自分の弁当は別にある。)

「やっべぇ!ちょ〜旨い!」

銀が頬袋をパンパンにしたまま感想を述べると、口から食べかすが飛んできた。

「わっ!!汚い!」

私が食べかすを避けていると、

「唐揚げも〜らいっ!」

海人に食べようとしていた唐揚げを略奪されてしまった!

何という無法地帯!!

「あ"〜っ!?それ私の!!」

私が絶叫するも

「ん〜!んまい!!のぞみはお菓子作りだけじゃなくて、料理もできるんだね〜」

そんな風にきらきら笑顔を向けてくるから、怒る気も失せる。

そのまま3人で、色々話ながら箸を進めていると、あんなに沢山作った弁当は10分足らずでほとんど無くなっていた。

「 サッカーしてる時って、2人共いつもと全然違うよね」

私がふと感想を告げれば、

「えっ!?それってどういう意味!?」

銀がデザートを食べる手を止める。

「普段は、ふざけてばっかだけど
   サッカーしてる時は超マジメだなぁって思って。」

「のぞみはそ〜ゆ〜俺達みてどう思った!?」

なぜかワクワクしながら訊いてくる海人の顔には米粒がついてた。

「う〜ん、他の女子達が騒ぐ理由が  ちょっとわかったかも。」

私が照れ臭くってぼかして言うと

「え〜!?もっとはっきり言ってよ!」

米粒をつけたまま海人が、そのかわいい顔を近付けてくる。
あのくりくりお目目が、じーっと私を見つめる。

「あぁもう!見直したよ!
   悔しいけど、2人共カッコよかった!」

私がそう言った瞬間、2人は

「「よっしゃ〜!!」」

とガッツポーズして、何故か突然抱き合っていちゃいちゃ始めた。

…意味わかんない。

「ちょっと!勘違いしないでよ!サッカーしてる時だけだからね! 今みたいに、海人の顔に米粒ついてるのとか、ほんとにバカだなって思ってるし!」

恥ずかしくって赤面してしまった私は、デザートを食べて誤魔化した。
海人は慌てて米粒を取り、銀はさらに上機嫌にデザートを食べている。

 

for a change

―たまにはいいんじゃない?―


(のぞみ、このデザートのクッキーめっちゃ旨い!)

(うん、俺もこれが一番おいしかった!)

(…それ、慧先輩が私への差し入れに焼いてくれたクッキー)

((え"っ!?))


2015.5.6
天野屋 遥か



prev / next

[ back ]



×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -