4 [ 107/225 ]

 ここは本当にテールベルトなのだろうか。これが本当に、緑を奪われた世界なのだろうか。白の植物が巣食う世界からはあまりにもかけ離れた光景で、まるで現実味がない。
 夢のような空間に武骨に塗られた漆黒のヴァル・シュラクト艦が居座る様は、花畑に取り残された棺のようでもあった。

「なーるほど。母さんってば、こんなすごいもの作ってたの」

 ああ、なんて憎たらしい。
 案内されるままに艦に乗り込み、ドルニエはシートベルトを装着してゆっくりと目を閉じた。ゴーグルが目元を強く締め付ける。酸素マスクがシュウっと音を立て、新鮮な空気が喉の奥に入り込んできた。
 あと数分もすれば、世界が変わる。カウントが聞こえる。光が明滅している。マスクをつけているにもかかわらず甘い花の香りが一際強くなり、強い衝撃が華奢な身体を襲った。
 シートの背面に身体が叩きつけられるような感覚。胃の腑が掻き回され、頭が潰されるような強い痛み。耳鳴りがし、吐き気が込み上げてきたそのとき、――確かに、世界が変わるのを感じた。



 踊るように艦を飛び出せば、そこは色で溢れていた。
 涼やかな風に乗って色が揺れる。緑が、赤が、黄が、紫が、白が、当たり前のように溢れている。
 ドルニエは街路樹を見やり、家の玄関に飾ってあるプランターの花に視線を移してにっこりと笑った。細い指先が花びらに触れる。柔らかく受け止めたそれを彼女は無情にも引きちぎり、手の中に残った花びらを握り潰して捨て去った。
 緑がある。当たり前のように。それがこんなにも妬ましい。

「ねえ、そこのあなた。ちょっと聞きたいんだけど。――って、ああ、コードいじってないから分からないのよね」

 近くを通りかかった青年に声をかけたが、青年はドルニエを見て少し照れくさそうに、けれども困ったように笑うばかりだ。馬鹿馬鹿しい。吐き捨てるように呟いて、青年の腕にそっと触れる。それだけで顔がだらしなく緩むのだから、男という生き物の浅はかさに反吐が出る。
 ドルニエは胸元から取り出した一枚の写真を彼に見せ、そっと言語コードを調整して微笑んだ。

「スみマセン、このヒトたち、知りマセんか?」


* * *



「ナガト。ナーガート! ちょっと、聞いてんの?」
「え? あ、ごめん。ぼーっとしてた。なに?」
「だから、マフラー! これとこれ、どっちの色がいいと思う?」

 奏が突き出した両手には、同じデザインで色違いのマフラーがちょこんと鎮座していた。どちらも柔らかなカシミア素材で、深い赤と柔らかなピンクで迷っているようだ。
 女の子の服を選ぶのは久しぶりだ。二つとも手に取って顔の近くに当ててやり、正面と横からの見え方を確認する。その真剣さに、奏よりも近くにいた店員の方が照れくさそうにしているのがおかしかった。

「ん、こっち。赤い方がいいんじゃない? ピンクも可愛いけど、普段の服に合わせるなら赤かなって」
「さすが、彼氏さんの仰るとおりだと思います〜。こちら落ち着いたお色味ですし、可愛い格好にも綺麗めな格好にもどちらでも合わせやすいんですよ〜」

 赤いマフラーを差し出すなり割って入ってきた店員の甘ったるい声に、猫なら確実に尻尾を膨らませていただろうほどに奏が驚いて固まっている。真ん丸と見開かれた瞳が店員とマフラー、それからナガトを行き来して、そして彼女はぎこちなく「いや、彼氏とちゃうんで」と見当違いな返事をして店員を困らせた。
 あたふたとし始めた店員をそつなくフォローし、マフラーを握り締めたままの奏をそっとレジに促す。空渡艦のシステムによって換金はしているので、この国での買い物に困らないだけの金は財布の中にある。買ってあげてもいいのだけれど、彼女はきっと頑として受け取らないだろう。分かっているからこそ、「行っておいで」とレジの前でそっと別れた。
 待機列の最後尾でどこか落ち着かない様子の奏を見ながら、さっきの店員を捕まえてそっと話しかける。

「すみません、このストールピン包んでくれませんか? こっちの花のやつ。あ、できればここで支払済ませたいんですけど」
「あっ、プレゼントですかぁ?」
「うん。ま、“彼女に”じゃないけどね」
「ふふっ、頑張ってくださいね!」



[*prev] [next#]
しおりを挟む

back
top

×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -