message返信

更新文お読み頂き有難う御座います。
なぜ佐々木にド嵌まりを…!?何があったんですかウェンズデイ様!?(笑)なぜウェンズデイ様が佐々木にド嵌まりすることになったのか、焼酎片手に一夜中語り明かしたいです。あ、私はお酒全くダメだったんだ…コーラにします!
しかも私の(少しどころじゃない結構危ない精神で生きている)佐々木を読みたかったという御言葉まで頂戴致しまして…感無量です。パチンコから出てきた飼い主を迎える犬の気分……脳内イメージで全力で伝わりました、佐々木も私も嬉しいです(笑)
佐々木を取り扱ったサイト様、全くないんですかね(><)?というか創作で新撰組を取り扱ってるサイト様って現在いらっしゃるんでしょうか…?昔は大河の影響で新撰組が豊富でしたけど…今はどうなんでしょう。私は自分の中だけでしか暮らしてないので…。いつか自分の好きなサイト様と出会い、作品や日記を見に通うということを日課にするのが私の夢です(*^▽^*)

勝手に佐々木を創作しといて言うのもあれなんですけども、どうして佐々木はこんなにも捻れてるのかなぁと思うときがあります。
佐々木は自分のテリトリーに他人を決していれないんですけど、一ちゃんだけは自分のテリトリーに入れちゃったんでしょうね…。テリトリーに入れたからには絶対に手離したくないし、自分の近くに置いておきたい。一ちゃんに自分以外を見て欲しくない、自分だけを一番にして自分だけを見ていて欲しい。そういう価値観の持ち主なんだと思います。でも一ちゃんはそういう価値観ではないし、そういう価値観の理解が出来ない。価値観が違うと人間すれ違いばかり起きますし…(-_-;)
酷い束縛に疲れられ、距離を置こうとされると人間焦りや不安が出てくるものなんでしょうけど、佐々木は其れをあっさり捨てられる強い人でもあります。きっと一ちゃんも逆に捨てられるとは思っていなかったでしょうし、佐々木の極度の束縛が解け、互いに信じ合える仲に成長出来ると確信していたと思います。残念ながらそうは決していきませんでしたが…。

そして佐々木が一ちゃんと上手くいく方法を真剣に考えて下さり有難う御座います(笑)めっちゃ笑いました!
今井さんとラスベガスには是非行ってもらいたいです!ラスベガスの夜景を目に入れ、ワイン片手に煙草を燻らせながら「なんでもっと一君のこと信じてあげられなかったのかなぁ。…でもまぁ仕方ない。仕方ねーんだよなァ、世の中思い通りに進むわけねぇし。うん、もうどうでもいいか、どうでもいいや…」と一人で完結させるんじゃないんでしょうかね…。
ああせっかくウェンズデイ様がギャグを提供して下さったのにまた暗くなってる…!いけないいけない…!でもまだまだ暗い話はストックしているので放出していきたいと思います(笑)
今回も御感想有難う御座いました!心が痛くなるものばかりですが、今後もお読み頂けると救われます!