message返信

明けましておめでとう御座います!
本当は大晦日に2018年の締めとして更新したかったのですが、元旦になってしまいました。元旦から暗い話で申し訳なかったなと思っております(><)

久米部初登場の話は確かに得体の知れないキャラでしたね!あれは久米部を蛇に見立てて書いた話だったかと思います、懐かしい。
久米部はデカイわんこ系ですかね。普段は明るく歪みのない性格で一ちゃんを支えてる感じなんですけども、まぁ明るい人にも闇は必ずありますし、執着もありますし。沖田さんもいつもにこにこしてるわけではありませんので…。今回はそんな二人の人間の汚い部分を全面に出してしまいました。

病気で歩けない程衰弱し、明らかに誰が見てもああもうすぐ死んじゃうんだなぁという状況の沖田さんが、一ちゃんに最期に会いたいからと毎日毎日訴えても絶対に会わせなかったり。わざわざ飴を畳にこぼしたり、十個飴を食べてもきっと窒息しそうになるのに、二十個と言ってみたり。一ちゃんには良い顔して平然と嘘をついたり。久米部すっげー憎たらしい〜!と思って頂ければ光栄です(笑)
沖田さんに久米部のことを「駄犬」と言わせたいなと思い書き出したものなのに、全く違うものになってしまいました。時期的には甲陽鎮撫隊として新撰組が沖田さんと別れ、江戸を出立する時のお話です。

沖田さんも久米部も独奏してますね。互いに絶対譲らないし譲れない。タイトルの深い詳細解釈はウェンズデイ様の御想像にお任せ致します!
今後も自由に思い付いたまま書いて行くと思うので、どうぞ今年も宜しくお願い致します!