×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -

1

突然だが宣言しよう。俺は女の子が好きだ。柔らかくて仄かに甘い匂いがする体を腕の中に閉じ込めるのは至福である。癒しである。少しでも可愛く見せようと努力している様も好きだ。俺はメイクが詐欺だなどとは思わない。最近流行りのプチ整形も肯定派である。女の子が可愛いのは顔の内容がどうこうではなく、どれだけ努力して自身を磨いているかによると思っている。そんなわけで可愛くあろうと努力をしないで卑屈を垂れるタイプの女の子はあまり好きではないのだけれど。
そんなほんの少しの例外など考慮しなくていい程度に俺は女の子が好きだ。

女の子が、好きなのだ。

「俺が好きなのは女の子なんだよおおお!!」
「え、うるさいんだけど」
机に肘をついて頭を抱え大声で主張した俺に対する友人の反応はすこぶる冷たかった。
泣くぞ!?

「裕也! 俺は女の子が好きだよな! そうだと言え!」
「なんなのキモイ。そうだよお前は女が大好きだよ」
だからどうした、と鬱陶しげに裕也は俺を睥睨する。昼休みの教室には俺たち以外にも結構な人数が残っていて、皆何事かとこちらを見ているが俺はそれどころではない。
身を乗り出して「実は―」と声を潜める。裕也が顔をしかめた。ひどい。
「はよ言えや」
「……最近、隣のクラスの潮井くんが気になって仕方ないんです」
「潮井ぃ?」

早口の小声で告げる。裕也は片眉を持ち上げて名前を繰り返した。
そう、潮井“くん”だ。最近俺の目を奪うのは可愛い女の子たちではなく、隣のクラスの男の子なのだ。
大問題である。一大事である。潮井くんが女の子っぽいとかそういったことは一切ない。すらりとした体躯で、陸上部の短距離走者だから筋肉も綺麗についていて顔立ちは普通、いや、どちらかというとかっこいい寄り? まあ、つまりそれはそれは立派な男子である。
男子、なのである。

「え、なに。ホモ?」
「せめてバイといってくれ―」
「は? まじで? そういう意味の気になるなの?」
ぱちぱちと目を瞬く裕也。何言ってるんだこいつ、という表情がありありとその顔に浮かんでいる。
俺はわからないと首を振ってから額を覆って机に突っ伏した。

「なぜだ―俺に何が起こっている……」
「俺が聞きたい」
「いや、俺が聞きたい」
「お前のことだろうが」
わかっとるわ! 裕也に相談しても何の解決にもならないなんてこともわかっとるわ!

俺は現実逃避を図ってそのままふて寝することにした。



▽▽▽

放課後だ。まだまだ日が落ちる時間には早く、空は腹立たしいほどの青。

「久郷ーカラオケいこうぜー」
「行かねー」
「え、まじで? なんで行かねえの」
「行きましょうったら、久郷ちゃん! ワタシと一緒に歌いましょう! デュエットよ!」
「ごめんなさい、でも今日はそんな気分じゃないの……また誘ってちょうだい」

女言葉で誘ってきた友人に同じように女言葉でシナを作って見せる。ぎゃははーきめえ! と笑い声があがってみんなはまた今度なと手を振って帰って行った。腕を引っ張られて歩いていた裕也はちらりとこちらを振り返ったがなにも言わなかった。

玄関のある方向とは逆に向かうと、帰っていく何人もの生徒たちとすれ違う。結構帰宅部多いんだなあとどうでもいいことを思う。辿り着いたのは一階にある保健室。先生も生徒もいないそこはシンとしていて消毒液か何かの匂いが微かにした。
俺は保健委員だ。で、広い学校内に二つある保健室のうち、ここ第二保健室のお当番。
五時過ぎくらいまでここでお留守番をするだけの簡単なお仕事だ。当番制にはなっているが週のうち水木金は俺の担当になっている。ちょっぴり人手が足りないことと保健医と仲がよかったことが主な原因だ。遠慮なく押し付けられたのである。

まあそれは置いておいて、ここの窓からはグラウンドが―正確に言えば陸上部の練習風景がよく見える。俺の視線は時間中ほとんどずっとそこに向かっている。
俺は軽く掃除をしたり利用者記入用紙を整理したりとすべきことを終えると、窓際の椅子に腰かけた。黒いTシャツに陸上部の紺色のジャージを纏った、長身でも小柄でもない平均的な身長の潮井くんの姿を、俺の目は探すまでもなく見つける。

見つけてしまうのだ。
なぜか? そんなことは俺が知りたい。いや、ごめんやっぱ知りたくない。

100メートルと少し、2レーン分だけの舗装された赤茶色の合成ゴム。そのスタートライン付近で身を屈めてスターティングブロックを調整していた潮井くんが立ち上がる。陸上競技の経験はないがスタートダッシュの練習をするんだな、と雰囲気で分かるのはこうやってよく潮井くんの練習を眺めているから。
ストーカーか、とドン引きする裕也が容易に想像できるし自分でも結構きもいなと思うが、言い訳をさせてもらうと俺は潮井くんが走っているところを見るのが好きなのだ。ただ速いだけじゃなくて綺麗で見惚れる。あれはきっと理想的といわれる走り方なのだろう、と力まずすいすい走っていく姿に思う。
ここで退屈を持て余していた時に彼の走りを見たのが初め。その時から俺の目は日常の中でもいつも潮井くんを探してばかりいるし、面倒だし暇だし遊べないしで憂鬱だったこの当番の仕事が楽しみだと思うようになった。

話したことは、彼が陸上部だということすら知らなかったときに一度だけ。それも二言三言で会話らしい会話じゃない。俺のクラスの陸上部員に用があった潮井くんが、ドア近くの席にいた俺に声をかけただけ。多分潮井くんは俺の名前も知らないと思う。

はあ、と溜息が出た。俺は女の子が好きだ。ここが男子校で俺が中学から男子校に通っていようと今までそれは揺らぐことなどなかった。街に行けば女の子はたくさんいるし、これは自慢だが俺は友人たちの比ではなくモテる。裕也とはあんまり差ないかなって思うけれど。
まあとにかく相手をしてくれる女の子には困っていないのだ。それなのに、女の子と遊ぶより潮井くんの練習を眺めていたいって思うし、可愛い女の子の笑顔より、めちゃくちゃ顔がいいってわけでもない潮井くんの笑顔を見たいし、可愛い、格好いいって思う。
本当、俺どうしたの。走ってるの綺麗だな、でどうして終わらないんだ。

もう一度溜息をついて窓の桟に乗せた腕に額を押し付けた時、誰かが「潮井!」と声をあげた。ただ呼んだというのとは違う雰囲気にばっと顔を上げると、潮井くんが腕を押さえているのが見える。
視力が2.0以上ある俺の目はその押さえた指の隙間から垂れる赤いものをばっちり捉えて
いた。がたっと音を立てて立ち上がってしまう。

潮井くんがけがした!! どうしようどうすればばんそうこうでも持ってあっちまで走っていくか!? いやでもそんなことしたら見てたのバレる! いやいやそんなことを気にしている場合じゃねえ、潮井くんが怪我してるんだぞ!

俺の頭の中は大騒ぎだ。

一人あわあわしているうちに潮井くんはスターティングブロックを抱えたまま頭を下げている部員に大丈夫だというように手を振ってみせて、何かを告げたあとこっちに向かってきた。

し、潮井くんがこっちにクル! 全身がぴきりと固まる。
そんな俺の状態など知る由もない彼はたたっとこちらまで走ってくると、保健室のガラス戸を軽くノックした。テンパりまくって廊下側の入口近くの棚まではりつくようにして後退していた俺はハッとして引き戸の鍵をあけに行った。

「あ、わ―、う、腕大丈夫?」
「軽く切っただけだから平気。手当てお願いしてもいい?」

戸を開けて中に入ってくる潮井くんを見ながら尋ねる。うわあどもってるよ、俺。ださい。潮井くんは人懐っこい笑顔とともに答えてくれた。めっちゃまぶしい、その笑顔。お願いの仕方も優しいし、うわー!
直視できなくて俺は手当の用意をすることで視線を逸らした。

「そこで、傷洗って。一応、俺がやるけど深い傷だったら第一にいる先生呼ぶから」
洗面台を指さしながら告げる。緊張で少し口調がそっけない自分の頭を三度は殴りたい。好印象を持ってもらうチャンスだというのに! ……いやなにがチャンスだよ!
しっかりして、俺!!

「はーい」と軽い返事をして洗面台のほうに言った彼の横顔をちらりとうかがう。

「―切ったって言ってたけどどうしたの? 転んだ?」
「いや、スタブロを地面に固定する針? とげ? みたいなのがかすった」
なにそれ痛い! だからスターティングブロックを持っていたやつが頭を下げていたんだなと思い至る。

傷口を洗い終えた潮井くんに出したばかりのタオルを渡して腕の周りを拭いてもらう。それからパイプ椅子に座らせると、緊張などまったくしていませんよというふうを装って向かいに腰を下ろし傷を見せてもらう。
外の部活にしてはあまり焼けていない腕に3pくらいの長さのひっかき傷が二か所。あまり深くはなさそうで、血は押さえていたおかげか、今はすこし滲んでいるくらいだ。

ほっとしながらも痛々しいのは変わらない。あと俺、保健委員だけどお恥ずかしながら、血とかちょっと苦手。潮井くんの前だからそんな素振りしないようにするけど! それでも思わず、痛そうと呟くと潮井くんは「そんなでもないよ」と爽やかに返してくれた。

滲む血を脱脂綿でそっと拭って、傷のサイズに合ったすこし大きめの絆創膏を取り出して丁寧に貼る。俺がやりやすいようにか少し体をこちらに寄せてくれた潮井くんからはふわりと柔軟剤の匂いがした。―ねー、もー……あのさ、なんで汗臭くないの? さっきまで思い切り運動してたよね? 潮井くんだから……?
動揺して、潮井くんの匂いを心行くまで堪能しようと深呼吸をしそうになったが自制する。それはさすがに変態。

「消毒とかしないんだな」
「あっ、うん、そうだね。消毒液はだめってことになったみたいよ、あと直接ガーゼもだめらしい」
「へーなんか知らん間にいろんなことで常識変わっていってるよね」
「本当にね」
やべえ、和やかじゃない? 潮井くんがほぼ初対面の相手とふつうに話せる人でよかった。俺は結構人懐っこいと言われるけれど少し人見知りをする。

「ん、ありがとう」
しっかりと貼り終えて謎の達成感を抱く俺に潮井くんはお礼を言ってくれた。いいえ、とぎこちなく首を振る。立ち上がる彼の動作を目で追う。

「部活戻るの?」
「うん」
思わず尋ねてしまった。バカか、なにを当たり前のことを聞いているんだ、と焦る。潮井くんはあまり気にしていないようで、室内に入るために脱いだシューズを履きなおしながら俺を振り返った。

「当番だっけ? 何時までここにいるの?」
「へ―、あ、えっと、5時、過ぎくらいまで」
「そっか。あのさ、陸上好き?」
「え、うん、好き」
陸上というか、君が走っているところが好きです。余計なことは言わずに頷いた俺に、潮井くんはもう一度そっか、と言った。

「いつも見てるから、そうなのかなって思ってたんだ」
「え」
気付かれてたのかよ!! 赤くなってあの、その、としどろもどろになると彼はまたあの眩しい笑顔になった。

「今度、もっと近くまで見に来てよ。当番ないときとか」
「……いいの? 迷惑じゃねえ?」
「まさか、迷惑じゃないよ。俺、久郷に走るとこ見てほしい。」
待ってるね、と白い歯を覗かせた潮井くんは、思い出したように「血、苦手っぽいのに手当してくれてありがとう」と言うと俺の返事は聞かずに走って行ってしまった。
俺はしばらくそこに固まったままその背中を見ていた。

……久郷に見てほしい、って言われたんですけれど!? 潮井くん、俺の名前知ってた!? つーか、血苦手なのなんでわかったんだ、あと、なんかさそ、誘われたの俺!?

「う、わああぁ……」
諸々を理解すると同時に、へなへなと床にしゃがみ込んでしまう。

心臓がきりきりして痛い。顔も、耳も熱い。恥ずかしいのに、すごく嬉しくて頭の中がふわふわしている。もう、こんなの認めるしかない。もう分からないふりも逃げることもできない。
勝負なんかしていないけれど、完全に、俺の負けだった。


前|もどる|次