新年明けましておめでとうございます。2013年もおそらく相変わらずの灯火野です。

 私のブログ(『利き手を使うということ』)でも振り返っては見たのですが、2012年は多くの作品を書いてここで発表することが出来ました。このサイトがなければ私はきっと執筆したくてもその時間を作ろうともせず、のらりくらりと小説を読んだりするだけの日々を送っていたんだと思います。今想像すると、それはとてもつまらなくて恐ろしい日々のように思えます。


 2013年の、そしてもっと先のこれからの自分がどんな作品を書くのか、文学シリーズの人々が、物理学シリーズの人々がこれからどうなってしまうのか……今の私には全く想像もできません。
 ただ、「切迫感」や「惰性」で小説を書くことだけはしたくないと思っています。


 それでは2013年も「文藝屋 翆」をよろしくお願いします。



(来年はもっと絵心を磨いてもいいのかな……?笑)

2013.1 灯火野


×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -