家に入ってすぐ。甘ーい香りが広がる。台所の方からは、かちゃかちゃと何かをかき混ぜる音がする。



「あ、お帰りなさい。ごめんなさい。まだお菓子できてないの。」



ボウルの中のチョコレートをゆっくりとかき混ぜながら、ヨーコが言う。
甘い香りの、茶色いどろっとした・・・・



「カレー?」

「チョコレートだよ。」

「ちょこれーと?」

「バレンタインデーだから、チョコレートなの。バレンタインは、チョコレートをあげる日だから。」

「ふーん。甘そうな香りだね。」



ボールをのぞき込んで、匂いを嗅ぎながら、センが言う。



「甘いの嫌い?」

「ううん。あんまり食べたことない。水飴とか、そのくらい」

「ふふっ、じゃあたのしみにしててね。」




ドキドキする、チョコレートの、香り。


作業中に、ほほをこすったのか、ヨーコのほほにチョコレートがついている。




「ねぇ、お腹すいた。」

「んー、ちょっと待ってよ。」








「やだ」







ペロッ






ヨーコのほほのチョコレートを舐めとるセン。




「キャッ」


「ああ、




甘い、ね。

ちょこれーとも


ヨーコも。




------------------
バレンタインの、ふたり。


×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -