11


「んー………あー………はー………」
「何アンタ」
「お兄ちゃんうるさい」

…………溜息だけでこの扱いはどうなんだろうか。

「あ!お兄ちゃんね、ゆっちゃん好きなんだって!」
「ゆっちゃん?」
「そう!えーっと、夕真!夏代夕真ちゃん!」
「?同い年なの?」
「私のね!」
「へー……お兄ちゃんは年下が好きなのね」
「初めて知ったよね!」
「そうね。びっくりしたわ」

なんで妹はそういうのバラすわけ………
しかも夏代と同じクラスなの……?
つーかなんで知ってるの?ねえ?
ていうか、それ母さんに言っちゃダメなやつね。

「じゃあ連れてきてよ、気になるわ」
「うん!お兄ちゃんの代わりに連れてくるね!」

お兄ちゃんの代わりにってなに………??
どういうこと、妹。
母さんはお前に連れて来いって言ったんだよ。俺には言ってないから、うん。

「別にお兄ちゃんには言ってないわよ?」
「知ってるよ!お兄ちゃんには無理だもん」
「え"」
「え"ってなによ、お兄ちゃん」
「お兄ちゃんには絶対無理!ゆっちゃん美人だもん!」
「おま、失礼だな…………」
「お兄ちゃんは大してカッコ良くないものねえ」
「この顔に産んだの母さんじゃん………」
「悪かったとは思ってるわ……」
「そんなに残念な顔してる……?俺」

「ま!お兄ちゃんは私のお兄ちゃんだから平気よ!」
「その自信はどこから…………!?」
「大丈夫!だって私は可愛いもん」
「お前も大して可愛くねえよ」
「酷い!お兄ちゃんひどっ!」
「お前も酷いわ」
「もう、二人ともやめなさい?」
「お兄ちゃんが悪いもーん」
「………もういいよ」
「お兄ちゃん諦めがよくて良かったわ」

なんか知らないけど母さんは
ニコニコしてるし妹は妹で
楽しそうだからまぁ、いいか…………。

珍しい家族団欒(父は仕事中の)


TOP | NEXT
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -