07


「トリックオアトリート!」
「…………」

保健室に直行してみれば先生に言われて。

「イタズラするぞ…………」
「飴なら、あります。」
「………去年もこれやったね」
「………はい」
「先生!トリックオアトリート!」
「どうぞ!夏代ちゃんトリックオアトリート!」
「どうぞです!」

あ、夏代。

「津山先輩!トリックオアトリート!」
「……はいよ」
「わ、ありがとうございます!」

去年のこの日も先生と
同じやりとりをしたから飴を持ってきて
正解だったなと思う。かなり本気で。

「去年は津山くんに掃除させた」
「突然でしたからね……」
「今年は持ってたか」
「流石に学習しましたよ」
「確かに、ね」
「はい」

掃除をさせられた苦い思い出に
少し眉を寄せて楽しそうな夏代と
先生を見ていれば、

「これ、津山先輩にあげます!」
「?ありがと」

貰ったのはいちごの味のする三角の飴。

「この飴好きなんです」
「そっか。それを貰ってよかったの?」
「お裾分けです!」
「ありがと」

にこにこしてる夏代につられ
俺も笑えば嬉しそうにして。
この顔が好きだなぁなんて思って
きちんと自覚するのはまた別の話。


TOP | NEXT→
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -