「地獄の業火っていうけどさ、悪魔にとって火ってそんなにつらいもんでもないんだよね。」


 料理の途中で火傷してしまった私の手に、温度のない手で触れるセン。その手が優しくて、うれしかった。


「地獄の業火は悪魔を焼く炎じゃないの?」

「まぁ、そういわれてるけどさ、実際人が温泉に入るのとそんな変わんないって。…人が入ったらひとたまりもないけどね。」


 そばにいるようになってからセンは、少し変わったような気がする。それは、もちろんいい方に、だが。


「ふふん。これでいいでしょ。やっぱ僕天才だね。」


 センが手を放すとそこに火傷の跡はなく、元の私の肌があった。


「ありがとう。」

「どういたしまして。ヨーコってホントおっちょこちょいだよね。」


 ほら、気を付けて、続き作ってよ、なんて。前は言わなかったのに。


「ねぇ、私はあなたにそばにいてくれる対価を払えているかしら?」


 そんな風に、あなたに聞いてしまったの。


「十分さ。僕は知りたいことをちゃんと知れた。君のおかげでね。」


 素敵な笑顔で笑う、あなたがいれば大丈夫。


Fin.
×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -