水をごくりと飲み干す君のノド。

―― 食ベタイ

美しい曲線を描き水を飲み干すそのノド。

首筋に犬歯を突き立て、かみつきたい。

ボクの刃で傷ついた肌から流れるその血を、赫い赫い美しい血を飲み干したい。

「ねぇ、頂戴…?」

そう、ボクがほしいのは、君の中から流れ出す、その血。喉を鳴らして飲み干して、君はボクの糧になる。

「あ……っ」

「なんで逃げるのさ?」

後ろ向きに後ずさっていく君の、君のその後ろにはもう壁しかない。壁に当たった君の、絶望した表情がたまらない。

クスクスクス……

「いっただっきまーす」

バイバイ、また今度。

End.

あとがき

そんな吸血鬼は、今日も無邪気に笑う。

×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -