瞼に染まる白の残像




 三月生まれの弥生。
 四月生まれの卯月わたし
 かけがえのない友人。名前が結んだ思い出。
 三月生まれの彼女は、四月三十日に空を飛んだ。
 よりによって、私の誕生日に。イジワルな彼女は、最期の最期に爪痕を遺していった。
 春、離別、再蕾、生と死の交差点。
 乾いた日常は、くるり一周の船旅の果てに終わりを迎える。(完結・全4ページ)

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -