文藝屋「翆」参加年月日:2016/11/09

一つ一つが手紙のような、掌編のような言葉(詩)を綴ります。特に詩は冷たさと温かさを併せ持つとの評あり。よろしくお願いいたします!
関連:Ju te veux(創作サイト)
君の心に恵みの雨を

◆あらすじ:
 恵みの雨を君の心に降らそう。そう、君が笑顔になるために僕はずっと待っている。
◆一言:
 雨が嫌いと呟いていた頃もありましたが、涙雨ではなく、今は恵みの雨であることを祈ります。

Shy

◆あらすじ:
 忘れたくない感謝の心。でも私はごめんも多くなったよね。
◆一言:
 素直な気持ちを詩にしてあなたに届けます。

灰色の街

◆あらすじ:
無機質な夜から抜け出せば、こんなにも街は色に溢れている。
◆一言:
モノクロからカラフルへ、街に色が挿す瞬間とは…?

オレンジデイズ

◆あらすじ:
 ある街がオレンジ色に染まる頃、僕はこんなことを想う。
◆一言:
 知人との詩のやりとりから生まれた作品です。

神様、この恋を。
短編

◆あらすじ:
ある凍えそうな夜。僕は君を見かけた。
その顔はとても幸せそうで…そう、あの日、僕に足りなかったものは。
◆一言:
お題書き作品に挑戦してみました。拙い文章ですが、どうぞご覧ください。

SAKURA
短編

◆あらすじ:
 一瞬で咲いては散る花のような恋。モノローグで語られる「SAKURA」の想い出。
◆一言:
 儚い「君」に想いを馳せる一場面を「僕」の視点で描きました。

Eternal Blue

◆あらすじ:
 いつでも見守ってくれる空へ感謝と祈りを。
◆一言:
 風吹く日も雨降る日も、晴れ渡る日も空はずっと変わらないのですね。

トップシークレット

◆一言
誰しもが心に闇や痛みを抱えていると思う。
これは密かな「私」の決意表明です。

prev | next

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -