文藝屋「翆」参加年月日:2015/06/10

気まぐれで文章を書いている物書きもどき。基本ファンタジー、まれに現代をもぐもぐ。
De laatste dichter
短編

◆あらすじ:
 ある日の小さな非日常。少女は謎の男に渡された一冊の本を開く。
◆一言:
 私たちはものをつくる。それは、ひとつのちいさな世界の創造に他ならない。そんなちいさな世界が、貴方の喜びに変わることを願って。

prev | next

スマホで簡単ブログ作り!
豊富な機能が全部無料で使えるよ!
- ナノ -