垣田

文藝屋「翆」参加年月日:2015/9/28

長編を書こうと思い立って書き始めても、結局短編になることが多く、主に短編、掌編を書きます。
書き始めて日が浅いですが、よろしくお願いします。
三年図書室組
連載

◆あらすじ:
 9月1日の昼休み、ユキヤはクラスメイトのハルヒコに手招きされて……。
◆一言:
 出来はともかく、これが自分自身で書きたかったことなのかもしれないな、と。(完結)

コトノハ
短編

◆あらすじ:
男は砂浜の桟橋の上に立っていた。
◆一言:
僕はわりと、コトノハを信じています。

ずしん、ばん
短編

◆あらすじ:
 ある日、中学生の少年は老人と出会った。
◆一言:
 作中に出てくるポーズ。実際にやったら、結構恥ずかしかったです。

prev | next

アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -