アクセス制限機能充実
夢小説のDLove





404_Not_Found

僕らの夏休みはとうにエンドを迎えた。

毎日輝いていた日々は終わり、怠い日々が迎える。手招きして迎えてる。
行ったら、一発目はこうちょーせんせーの長い長いお話。お決まりのパターン。



「今日も相変わらず輝いてんなぁ、頭。」
なんて、後ろの腐れ縁が呟く。
相変わらず、俺よりも身長高い。
今年こそ、抜かしてやる。見返してやる。
実際は、2、3aの差で。男子は女子と違ってまだ、伸びる希望はある。


まだ、残暑残る暑さ。
あちぃな…、後ろの馬鹿もハゲればいいになぁ…。


そして、長い長いとても長い話は終わり。
運動部とかの、表彰式が過ぎていく。
俺は帰宅部だし関係ないんだけどな。


その後は、新人教師の紹介だった。
夏休み最後の集会でバイバイした、数学教師の代わりに来た美人教師。
噂によれば、人妻らしい。まだ若いよなぁ。
あ、何か人妻って響きいいな。

これなら、皆数学点数上がるんじゃないか…なんてな。

そんなこんなで、ながーいながーいお話は終わり。
解放されたら、教室でまた監禁。
なんて、これが日常。
また戻ってきた変わらない日々。


グッバイ、夏休み。
久しぶり、俺らの日常。






9日目




小説・詩ランキング





アクセス制限機能充実
夢小説のDLove
- ナノ -