404_Not_Found

忘れたくて、忘れられない。
そんな、恋愛沙汰とかじゃあなくて。
俺は、凹んだらずるずる引きずる性質。
そう、たちの悪い奴。
んで心配性で、スパイにでも狙わるてんじゃないかってぐらい。
優秀なエージェントでも雇いましょうか。

いち早く忘れたいから、頭を壁に打ち付ける。
ガン、ゴン。
しかし、頑丈に出来てるからそう簡単には抜けなくて。
馬鹿みたいにぶつけても、ただ痛いだけ。

すぐに記憶出来る脳みそは欲しくなってさ、欲しいのは嫌なことをすぐに忘れられる脳みそが欲しい。
みんな、忘れてさ。楽しく過ごすのよ。

寝る時が一番怖くて、闇に溶けそうな。
血圧が最高潮なんじゃないかって。
求心飲まなくちゃなってさ、マジで思うよ。
死んだように、眠りたいよ。
夜行性だけど、優しい朝に恋焦がれる。



2日目




小説・詩ランキング





タップで読むBLノベル
- ナノ -