404_Not_Found

はろー、はろー。
お元気ですか、僕はそれなりに元気です。
只今、午前6時。
眩しい朝日の光が窓に差し込む。
…なんて気持ちの良い朝なんでしょう!






この頭痛がなければっ…!!


目の下には、うっすら浮かぶ寝不足にやってくるクマさん。
寝るタイミングを逃して、気がつけば朝。
我が家はこの俺以外、まだ夢の中。
いいよなぁ、寝れてさー。
俺だって眠い。
寝ようと思ったよ、思ったさ。

寝ようと思い布団に入る、午前零時。
明日も早いしと、目を閉じる。

「・・・・・・・。」

あ、あれやってたっけ?
こんな辛いことあったわ。
何か忘れてないか?

知らず知らずに悶々と考え込み、携帯をちらっと見ると
午前2時。
気がつけば、自然と指は携帯を操作しだし
某SNSを開いて、腐れ縁の友人の馬鹿丸出しの発言に突っ込みを入れたり
意地でも無課金を突き通すと決めた、ゲームをやり出したり
そんなこんなでもう、朝に近づく時間になった。

今日は1限からなのに・・・。
単位埋めに仕方がなく入れた、理科系の講義。
地球の神秘だの、人間がいつ生まれたのとか
俺にとっては心底退屈な授業だ。

大欠伸、1つ。
まぁ、欠伸しない日なんてないのだけれど。
もたもたと、働かない脳を動かし支度をし始める。


さぁ、今日の元気に出かけましょうか。



星の誕生秘話を聞きながら、俺は夢の中に落ちた。









11日目




小説・詩ランキング





「ハッピーエンド」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -