風の吹く場所

*殺りん 最終回後

かたわらを颯爽と駆けぬけていく。
 いつかもどこかで、彼を追い越していったであろう──風。
 まるで野山からはるか遠ざかったように、しばらく凪いでいる時もある。かと思えばある日には、一晩中、激しい嵐となって荒れ狂いなどもする。
 地上における、もっとも気まぐれで、自由な旅人。
「──……わあっ!」
 背後からの追い風に押されたりんが、前を歩く殺生丸の背に抱き着く格好になった。
「ご、ごめんなさいっ。風が強くて……」
「……」
 腹にまわされた手が離れてゆこうとするのを、殺生丸はとらえる。大きな手であたたかく包み込まれ、りんの頬がかすかな色を帯びた。
「殺生丸さま──?」
 風は笑う。見守る。そして後押しさえする。
 ──心の向くままに行け、と。



back

(2019.11.09)

×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -