閉ざされた庭




 見覚えのある風景だと感じた。記憶の通りならば──と裾野を進んでいけば、果たして道脇に青々と生い茂った桐の大樹がそびえている。太く頑丈な枝からは何かがだらりとぶら下がっている。
「アッ。殺生丸さま、もしやあれは……」
 邪見もようやく思い出したらしい。それはすっかり縄のちぎれてかたむいた、いつの日かの鞦韆しゅうせん(ぶらんこ)なのであった。殺生丸が留守のあいだ、あの少女の遊び道具だった代物のひとつである。きっと気に入りの暇つぶしだったのだろう。彼が帰ると、あの鞦韆に乗った娘は実に楽しそうな笑い声をあげながら、快活に手を振ってきたものだった。
「なつかしいですなあ。あれは、つまらない、つまらないとだだをこねられ、この邪見めが作ったものにございますれば──」
「……」
「人間の子らが遊んだのやもしれませぬ。しかし、こうも壊れていては、ちとさみしいものですなあ……」
 邪見は短足でぴょんぴょんと跳ねながら、壊れた鞦韆をなおそうとする。が、阿吽を連れておらぬため、どうにも手が届かない。
 するとしばし静観していた殺生丸が、桐の木陰に足を踏み入れた。
「どけ。邪見」
「……はっ、も、申し訳ありませぬ」
 無謀な努力をつづける従者を傍へ追いやり、年月を経てちぎれた縄へ手をのばす。器用に結わえてやれば、かたむいていた鞦韆は元通りになった。
「さすがは殺生丸さま。りんのやつも、きっと喜んでおりましょう」
 人心地がついたらしい邪見は、とめどなくあふれる泉のごとくあの少女にまつわる思い出話──もとい苦労話を語り聞かせた。時に笑い、時に歎息し、時に涙ぐみさえしながら。普段であれば「うるさい、邪見」の一言で黙らせる殺生丸も、この時ばかりはなすがままにさせている。
 ──おかえりなさい、殺生丸さま!
 初夏のなだらかな風が、まるで誰かが漕ぎだしたかのように、空の鞦韆をゆったりと揺らしている。
 自然のうちに耳をそばだてつつ、殺生丸は目を閉じた。



19.06.02
×
「#切ない」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -