狂犬たぶれいぬ




 ──其れ狂犬有らば所在殺すことを聴せ。

 道傍に野良犬の亡骸が横たわっていた。石礫を投げつけられたのだろう、頭をかち割られ、口からどす黒い血の混じった泡を吐いて絶命していた。
 亡骸からは狂犬の臭いがした。彼はその病をよく知っていた。狂犬に噛まれた人間は気が狂ったようになり、水の一滴さえ口にできずに苦しみ抜いた挙句、死に至るのである。
 犬の亡骸に彼は幼き日の自分を見る。彼の頭部から突き出した犬耳を目にするや、鬼のごとき形相で石を投じてきた人間達がいた。
 ──狂犬めが、死ね。
 ──犬畜生が人を害するか。
 彼自身とあの人間達。化け物とは、果たしてどちらであったのか。
「犬夜叉?」
「……──おれは、狂犬なんかじゃねえっ」
 反射的に口を突いて出た訴えに、犬夜叉ははっと瞠目する。
 目の前には唇を引き結んだかごめの顔。この世の真理を見透かすかのような巫女の瞳が、ひたむきにじっと見つめてくる。
「今のは──今のは、何でもねえ」
 うん、と彼女は静かに頷いた。犬夜叉の頬を両手ではさみ、落ち着かせるように深呼吸を促す。
 ──心の綻びをさらけ出せるのはおそらく、こうして温かい手が差し伸べられることを知ればこそ。
 犬の亡骸に手を合わせるかごめの立ち姿に、木漏れ日が眩しいまだら模様を投げかけた。



2018.12.02

×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -