もう何度目かわからない射精に、寛貴は立っていられず、風呂場に膝から崩れ落ちてしまう。長時間縛られ続けている両手は痺れを感じ、痙攣している。

倒れ込む寛貴の腰を優しく支え、後ろに回り込めば、項垂れる寛貴の下敷きになるように宏は浴室に座り込んだ。

背面座位でぐったりとしている寛貴の髪を優しく撫で、指に髪を絡めながら、額にキスを落としていき、寛貴の唇を唇で塞ぐ。

「…んっ…」
寛貴は意識を取り戻すが、どこかぼんやりしていて焦点が定まっていない。
うっとりとしている寛貴に気を良くした宏は唇を舌先でなぞり、そのまま吸いつけば熱い舌を伸ばし、寛貴の口内をくちゃくちゃと犯す。

寛貴は抵抗を止めたと言うよりぐったりとした中で、息を弾ませ、うっすら唇を開ければ、後は宏が好き勝手に舌を絡ませ、濃厚にくちゅくちゅと唾液を送り込む…

「…んっ…んっ…」

「寛貴…舌をべーって出して?」

寛貴は言われるまま、舌をべーって宏に向けて差し出せば、口外で舌先をくちゅくちゅと擦り合わせ、舌を出したままにすればペロリペロリっと丁寧に宏の舌が寛貴の舌を濡らしていく。

愛を確かめ合うような濃厚なキスにまた、寛貴のペニスは熱を抱きピクピクっと震えている。

両手で頬を包みながら、キスをしていた宏の手はゆっくりと寛貴の体を這わす。
…首筋…乳首…脇腹…内股を通り、ペニスには触れずにアナルの入口を掠めた。

「…んっ…んっ…」

キスをしながら、強引にアナルを犯す宏の指に仰け反り、最初より遙かに快感をアナルで感じているのは宏にもすぐにわかる程、寛貴のアナルは熱くてトロトロに溶け挿入する度に歓喜に震えている。

寛貴のアナルに宏のごつい指が入れば……ポコォッっと言って中から、宏の精液とローションが垂れて、中を掻き回せばくちゅくちゅと浴室に響き、寛貴は確かなアナルの快感に宏の厚い胸板で甘い声を漏らして、ふるふると震えている。

くちゅくちゅと指で入口から奥まで丁寧に掻き回され、精液を掻き出されるように肉壁を擦られ、開発された前立腺に指が掠れればビングビングと狂ったように腰を振る。

「…ぁっ…ぁんっ…んぁっ…宏ぃっ…らめぇ、そこ…いやぁっ…あぁっ…もう、らめぇ…っ…ぁっ…」

「ここだよね。触る度に、体が反応して俺の指をきゅっと締め付けて…可愛いよ。」

…ぁっ…ぁんっ…ん、う、あ、

指を増やし、指を曲げては、寛貴の良い所と最奥をぐちゃぐちゃと掻き回し、寛貴はいってしまいそうだったが、ノンケの彼からしたらお尻でいくことにまだ不安があった。

「…んっ…宏っ…ちんこっ…触って…っ…」

涙目で哀願すれば、宏は幸せそうに笑って、キスをする。

「いきそうなの?」

宏が聞けば、恥ずかしそうに、頷き、宏を見つめる。

「良いよ。いっぱい、気持ち良くしてあげるからね。愛してるよ寛貴…」

寛貴の耳をぺちゃぺちゃと舐めながら、アナルの指を激しく挿入させ、出し入れしながら、空いた片手で寛貴のペニスも激しく扱き、寛貴が感じやすい玉や尿道も指先でコリコリと弄ぶ。

「…ぁっ…らめぇ…ぁっ…きもちぃぃっ」

「気持ち良い?これ?こっちの指も耳も気持ち良い?」

「…ぁっんぁっ…う、んっ…きもちっ…いいっ…」

素直に答え快感に従順な寛貴を愛おしそうに見つめて

「なら、もっともっと、弄ってあげるよ。ほら、目の前の鏡、見てごらん。」

目の前には姿見の鏡が設置されていて、曇っている鏡に宏が水を掛ければ、想像を絶する姿がそこにあった。

胡座をかいた宏の上で、両脚を投げ出し、宏の指でアナルをパクパクさせ、ビンビンのペニスを扱かれている高揚した寛貴が映っている。

「…いやっ…やめろっ…」
恥ずかしそうにしながらも、鏡を見れば誰によって快感を引き出されているのか嫌でもわかる。可愛い女の子でもなければ、風俗嬢でもない。紛れもなく親友の宏であった。

目を逸らし嫌々と顔を振ると

「俺を見て…寛貴…誰に犯されたか、わかった?もっともっと、寛貴を可愛がってあげる。誰にも目の届かない所でもう誰にも触らせないし、喋らせない。俺なしじゃ生きられない体にしてあげるよ。」

そう言うと、キスをねっとりとしながら、律動を再び開始させる。
指は激しくアナルを掻き回し、奥の奥までコリコリと惜しげなく触り、ぐちゃぐちゃに濡れたペニスは我慢汁を塗り込むように強く強く握って、扱き上げる。

「…ぁっ…んぁっ…う、んぁっ…いくぅ…いく、いくぅ…いっちゃう…」

…ぁっ…んっ…いっちゃぅ…

っと痙攣する寛貴を御構い無しに、宏の指はぐちゅぐちゅと中を激しく出し入れしては、肉壁をカリカリと掻き回し、強い力でピストンを咥える。

「いいよ、いって。」

脚に力を入れてガクガクさせながら寛貴はいってしまうが、宏は指を止める事なく、アナルやペニスを激しく弄り続け、何度も何度も執拗に指先で愛撫を続けると同時に寛貴も意識を手放し、ぐったりと、宏の体に項垂れた。


(当ページのみこれより下記非エロ)

どれぐらい寝ていたかもわからないまま寛貴が目を覚ますと、隣には腕枕した宏が寛貴を眺めていた。

声を出そうにも喘ぎ過ぎて掠れた声しか出てこない。

「おはよう寛貴…」

優しく髪を撫でると宏は体を起こし、冷蔵庫から麦茶のペットボトルを取り出せば口に含んで、寛貴の口へ流し込む。

「…っ…っ…」

犯された事にムッとして体を背ける寛貴だが

「いらないの?」
っと優しく聞く宏を睨みつけながら
「…いる!」
っと、言い素直に口移しに応じた。

宏は寛貴の好きなサラダとカレーライスにコーンスープと果物までご丁寧に用意し、起き上がるのも億劫な寛貴の体を支えて、あーんして一口一口を食わせる。

上機嫌でカレーライスを貪りながら寛貴は言う。

「あんさ、手のネクタイ、外してくんないかな?痛いんだけど…。」

「逃げるからだめ。」

「あのさ、お前がやってるのって、監禁とレイプで歴とした犯罪だかんな?」

「わかってる。終わったら自首するよ。」

「いや、自首って、俺を辱めに晒すつもりかよ(笑)今なら許すから解放してくんない?」

寛貴が…水と、言えば水をカレーっと言えばカレーを従順に食わせる宏に
…こいつ、優しいなって思いつつ

「もう、誰にも寛貴を触らせたくない。」

溜息をつく寛貴。親友だけに、宏の真剣さが伝わる。

「わーった。わかったよ。三食昼寝付きな。その代わりこれだけは外して。絶対逃げないから。」

臨機応変な所はさすが、楽天家だけある。犯り飽きれば、優しい宏の事だ…いずれは解放してくれるだろうと安易な考えに及ぶ。

「もし、逃げたら弟を殺すかもしれない。」

「はああ?」

寛貴にとって弟はこの世で最も愛おしい大切にしてきて寛貴の弱点であるのは親友である宏にはお見通しだった。

「それはずりーだろ!!弟を殺したら宏を俺が殺す!!」

「まあ、それも悪くないな。寛貴が逃げなきゃ、お前が嫌がる事は絶対しないよ。」

…それも悪くない。の一言にこいつはマジかもしれないと。心のどこかで、悪戯なんじゃないか?とか、ビックリを仕掛けているのではないか?とか考えていたがその選択肢は消え失せる。

スルリと両腕を縛っていたネクタイが外されれば、開放感に安堵の表情を浮かべ、内出血している腕を寛貴が痛そうに摩れば、宏は

…ごめん。

っと、すまなそうに謝り、唇を手首に当てると丁重に湿布を貼る。

それから2人の一風変わった監禁生活は幕を開けた。
×
人気急上昇中のBL小説
BL小説 BLove
- ナノ -