+α | ナノ

5秒でわかる月上ゲ町奇譚

(2015/04/19)


[Tくん]
・おばけがみえる
・(一応)主人公
・「同じクラスの」「ラグビー部の」「意外と脚フェチの」「財布を忘れたときパンをおごってくれた恩のある」郷田くんをゴーリキくんと覚えてしまう程度に人の名前が覚えられない


[Y(キッタくん)]
・美人な歩く妖怪大百科
・よくしゃべる


以上のことを踏まえておけば、月上ゲ町の話は流れでなんとなく読めます。
「目にて語る」(原題:「欺くは目」)はそんな感じのお話でした。




prev / top / next





×
「#ファンタジー」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -