Clap
拍手



(浜茜)


神童の写真じゃん、と俺が言うと茜ちゃんは頬を赤らめた。

「どうかな?綺麗に撮れたと思うんだけど・・・」
「ちょー良い感じ!いいねー」

しばらく撮った写真を見せてくれたけど、神童ばかりで俺の写真は見当たらない。

少し期待して損した。

でも、ここで諦めたら、本当に終わってしまう。

君が俺を見てくれなくても、俺はきっと君を振り向かせてやりたい。

だから、俺はケータイで茜ちゃんの写真をとった。

--ひどいなぁ。じゃあ私も。
と、仕返しに俺のことを撮ってくれるように期待をこめて。








拍手ありがとうございます!

なにかありましたら↓からどうぞ!




×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -