Category

凪あす
七夕伝説で有名なのは、織姫と彦星が結婚生活を楽しみすぎて仕事をサボるようになり怒った天帝に天の川によって引き裂かれ年に一度だけ会うことを許されるというものですが、中国には他にもバージョンがあり、中でも『天河配』という話では、織姫と彦星は掟により恋することを禁じられた天の神と地上の人間だとか。けれど、織姫に一目惚れした彦星が彼女の羽衣を隠し、天に帰れなくなった織姫は彦星と夫婦となり幸せに暮らすものの、天帝に見つかって織姫は連れ戻され、彦星は本来なら人が行けないはずの天まで追いかけるけれど、結局天帝によって引き裂かれてしまうというストーリーだそうです。

細かいところは置いておいて、掟によって結ばれてはならないとこ(海村は追放されるだけですが)とか、故郷に帰れなくなって一緒に暮らすようになるとことか、本来なら追いかけることができない場所まで追いかけていくとことか、割りと結構紡ちさだなと。紡だったら、故意に羽衣を隠したりはしないだろうけど。
この話を知っていてちさきを織姫にしたのか、『待つ女』のイメージからなのか、たまたま7月だから七夕っぽくしただけなのかはわかりませんが、この話を知って尚更ちさきは織姫にぴったりだなと思いました。
『天河配』では羽衣の色は紫か桃色だそうですが、壁紙のちさきの羽衣も青と紫のグラデーションなので、そういう意味でもぴったりですね。凪あす本編でもエナのことを羽衣と言ってたりしますし。

これは私の贔屓目かもしれませんが、ちさき(とくに単体)のイラストって物語性が強いような気がします。考察しがいがあるというか。単純に私がちさきの時だけ考察したくなるってのもありますが。
ストーリー上色々と背負わされている子なので、一枚絵にも情報を込めやすいのかなと。

というわけで、死んでいた創作意欲も湧いてきたので、前に言っていた流星群を一緒に見る紡ちさを書き始めました。まだ書き出しを書いただけですが。
7月の終盤まで予定が詰まってるし、気圧にやられてなにもできないことも多いのでなかなか書く時間はとれませんが、無色の旅路と同時進行でゆっくりでも書き上げられればなと思います。
(2022/07/05)
ポケモン
ポケマスの浴衣N無事引けましたー!
髪をちゃんと纏めているのが可愛いですね。今のところNは毎回髪型を変えていますが、あれは誰かにやってもらっているんでしょうか。今回なら浴衣の着付けも含めてトウコちゃんかトウヤくんがやってそう。
ポケマスは結構意外なポケモンとトレーナーがバディーズになることも多い(今回ならトウコちゃんとオトスパスとか)ですが、Nは今のところ順当な組み合わせで来ますね。なので逆に意外な組み合わせを見てみたくはありますが、今回はゾロアークカラーの浴衣とお面が似合っているので、そういう意味でもゾロアークでよかったかも。
トウコちゃんが法被でNが正統派な浴衣なのが、すごくわかってますよね。裾から足首が覗いてるのがいい。うちわで口元を隠す仕草に品があって、Nって美人なんだなと思いました。

夏祭りに行くNは今回イベストでやりましたが、自分でもミスミとNが夏祭りに行く話を書いてみたいですね。
その前に無色の旅路を書かなきゃですが。

追記でざっくりイベストの感想。
Read more
(2022/07/01)
凪あす
PAサロンの今月の壁紙がちさきでしたね!
オンラインギャラリーが終わったあとに退会してしまいましたが、これは絶対に手に入れなければと入会し直し、さっそくダウンロードしてきました。

着物はおふねひきの時のものだけれど、天の川が羽衣みたいで、まるで織姫様だなーとサンプルを見た時から思っていましたが、サロンの方の説明にも『織姫なちさき』と書かれていてやっぱりかと。ちさきは『待つ人』なので、織姫にぴったりですね。彦星な紡と並んでほしい。
儚げな表情で本当に綺麗ですね。ちさきの髪にも星が散ってて天の川みたい。
おふねひきの着物は19歳のちさきしか着ていないので、14歳のちさきが着ているのもレアでいいですね。やっぱりちさきは雰囲気的に和装がすごく似合う。

せっかくなので、七夕関連でなにか書いてみたいですね。最終回後に遠距離恋愛な自分たちと彦星と織姫を重ねるちさきとか。紡とちさきが流星群を見るネタも考えてはあるので、そっちでもいいかもしれない。
7月下旬まで忙しいので、書けたとしても季節外れになってしまいますが。

PAサロンの壁紙でいつか紡かちさきも来ないかなーと思っていたので、ちさきが来てくれて嬉しいです。しかも単体で。
基本壁紙は女子キャラばかりのようなので難しいかもしれませんが、いつか紡単体や紡ちさも来てほしいですね。高校入学した時の紡ちさの写真風の壁紙とか四月のカレンダーにぴったりだと思うんですが。勇が撮影した紡ちさの写真として眺めたいです。
(2022/07/01)
凪あす
下に引き続きAIのべりすとで遊んでて悶えた部分。
やっぱり突然はじまって突然終わります。
Read more
(2022/06/19)
凪あす
前も言った通りAIのべりすとに今まで書いた紡ちさをつっこんで遊んでいるんですが、突飛な展開になることも多いとはいえ、だからこそ自分では思いつかない、思いついても書かないけれど萌える展開になることもあって楽しいというか、常に他人の書いた紡ちさに飢えているので、そこら辺の欲が結構満たされてます。
というわけで、追記でAIのべりすとで遊んでて悶えた部分。
全部載せるのもあれなので、本当に悶えたところだけ。なので、突然はじまって突然終わります。
Read more
(2022/06/19)
←new * old→
[ RETURN | TOP ]
- ナノ -