「ねえ沖田、斎藤、これでどう?」

そう言って私は自分の唇を2人へと見せた。

「いいと思うぞ」

「あーはいはい、可愛い可愛い」

しかし、斎藤はともかく、沖田はスマホをいじりながらこちらを見もしない。

「ちょっと、見てよ!沖田!」

「あーはいはい可愛い可愛い、それなら土方さんもメロメロだー」

「でしょ!?じゃあ行ってくる!」

「ほんと単純だよね、あの子…」

「まったくだ…」

沖田がヒラヒラと手を振りながら何か言って、斎藤が賛同しているけどよく聞こえない。

私はパタパタと走り出す。今度こそ気付かせてやる!、と意気込んで。



向かうは職員室。ガラリと扉を開けた私は、大きく叫んだ。

「土方せんせー!!」

「っるせえな!またお前かよ!」

そう言いながら、手にしていた書類を机に置いて、そのひと―土方先生は私の元へとやってくる。

私は胸を高鳴らせながら言った。

「あの…私、なんか違うところないですか?」

こんなセリフを言うのはもう何度目だろうか。

私自身ももう覚えてないほどだし、先生は「またか」という顔をしている。

「今日は何が違うんだよ?」

「だから、それを当ててよ!」

「めんどくせぇやつ…」

そう言いながらも土方先生はジロジロと私を見る。

お願いです先生、今日こそは気付いてください…!

「…唇?」

その願いが届いたのか、先生が言い当てた。

やっとの正解に、心が躍って顔がにやける。

「そうなんです!!実は―」

友達から良いリップを教えて貰ったんです、と私が言おうとしたとき。


「昼飯に天ぷらでも食ったのか?テカテカしてんぞ」


先生が、あり得ない一言を言った。

怒りがこみ上げてくる。ああ、結局先生はまた気付いてくれないんだな、と。

「先生の、バカー!!!」

腹に一発お見舞いしてから勢いよくドアを閉める。

「ウッ…おいてめっ、ふざけんなよ!!」

先生が何かを言っているような気がするが、そんなのはもうどうでもいい。

自分の教室に戻ると、斎藤は憐れむような顔をして、沖田はいつものようににやにやしていた。



ほんとうははきづいてるくせに



きづかないふりなんて、ほんと意地悪。








Top



×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -