after Sanctuary Kiss[1/1]

「偶然、か」

力尽きて眠りについたその顔は、無垢な子どものようにあどけない。
腕の中で傷ついた羽根を休める純白の鳥に、問い掛ける。

「そんな偶然があると思うか、飛鳥」

仄かに熱を放つしなやかな身体を抱きながら、あの日のことを思い出す。





『──だから、兄さん』

耳元で響くのは、落ち着いたトーンの声。入院中で暇を持て余しての電話かと思えば、とんでもなく恐ろしいことを告白され、挙げ句の果てに。

『飛鳥のことを、頼みたいんだ』

『馬鹿を言うな、沙生。飛鳥にはお前が必要だ。それはお前が一番わかってるはずだろう』

必死に咎めたつもりだった。けれど、年の離れた弟は淡々と言葉を続ける。

『兄さん、俺は怖いんだ。どんどん自分が自分じゃなくなっていく中で、飛鳥が哀しむ姿を見続けることが怖い』

『沙生』

『飛鳥のことは、兄さんにしか頼めない。お願いだ』

口調は穏やかだが、聞いたこともないような切実な声だった。

『電話で話してても埒が明かない。すぐに行くから待ってろ』

『兄さん。今までありがとう』

縁起でもない言葉と共に、通話が切れる。
忌々しく思いながらエンジンキーを片手に玄関を飛び出す。
病院の面会は午後一時からのはずだった。あと三十分ある。車を飛ばせばそれよりもう少し早く着くだろう。
沙生は少なくとも飛鳥と会うまでは死なない。そう確信していた。
強引な車線変更を繰り返すうちに、ステアリングを握りしめる手に強く力がこもる。
沙生、お前は大きな過ちを犯している。
全てを知った飛鳥が喜ぶなんて、まさか本気で思っちゃいないだろうな。
お前のしたことは、正気の沙汰じゃない。





薄闇の中で、時を刻むように規則的な呼吸音が耳に届く。
室内を満たすのは、果実にも似た芳香な花の匂いだ。理性を狂わせる危うい香り。だが、当の本人にはその自覚がない。
沙生との行為をなぞり、全てを忘れたつもりになって、眠りに堕ちる直前、桜色の唇からこぼれたその名は。

『おやすみなさい……サキ……』

飛鳥。お前に沙生を忘れることはできない。
少しやつれた頬にそっと触れると、微かに身じろぐ。夢を見ているのだろうか。いたいけな寝顔のまま、安らかに微笑んだ。
いつかお前は真実に辿り着く。でも、それまでは。
わずかに開いた唇に親指で触れて、蜜を吸うように口づける。甘い匂いに引き摺り込まれ、深い海の底へと溺れていく錯覚がした。
ここで、お前の見る夢に付き合うよ──アスカ。





"Sanctuary Kiss" end



- 26 -

bookmark
prev next





話題のバーチャルSNSアプリ
バチャスペ
- ナノ -