レス型
[返信]


[1]青春の正しい過ごし方!
by あきら
2011/06/17 21:23

「赤パジャマ、青パジャマ、僕オジャマ」
「あんた何やってんですか」
「すべるかなって思ったんだが‥流石平凡少年・夏生だな!ツッコミ加減がプロだプロ!」
学年主席とは思えない程する事が低レベルな伊藤鳴海と

「プロじゃないから!というか、なるいい加減平凡って呼ばないでくれる」
「ぴったりじゃんかよ」
学力、身長、体重、すべて平凡でツッコミ担当御国夏生と

「また朝から仲ええなあ鳴海と夏生はええで、仲ええんは良いことやからな二人の声で目ぇ覚めてしもうたわ〜」
「‥‥ちょっと、何で僕ひっぱるの‥」
「連れてこな寝てまうやろー」
クラスのムードメーカーで面倒見がいいがサボリ常習犯、小山千嘉

「‥‥寝なきゃ僕‥‥死んじゃう」
「お前の場合寝過ぎて脳死んでまうわ
せめて朝食くらい食べなあかんで」
「‥‥うん‥」
不思議な子で授業中はMy枕を使用する常に眠そうな遅刻常習犯、山田遊佐

「うそおっ遊佐に学校来るの負けるなんて!私もうおわったかも‥‥」
「遊佐ちゃんはきっと千嘉くんにおねむのなか引き連れられてきたんだね〜遊佐ちゃんおねむぽかぽかさんだよ」
「律、日本語喋って‥‥」
ツンデレ+バカ=ツンバカで運動神経抜群な赤点常習犯、鈴木弓弦

「日本語だよ〜いんぐりっしゅじゃないよ〜!弓弦ちゃん頭にはてなはてな
ぽかんーだね!」
「ああもういい‥‥わかった」
ゆるふわガール、少し天然さんで物忘れが激しい忘れ物常習犯、佐藤律

そんなメンバーの個性的な班生活が、始まるのでした‥ボイスノベル企画始動開始!テキストさんと少し連動しているかんじです(06/12〜07/02締め切り)


[編集]


prev | next

[home]


×
「#甘々」のBL小説を読む
BL小説 BLove
- ナノ -