真白と出逢ってから、早二週間半くらいが過ぎようとしていた。

その間俺は、ほぼ毎日のように真白にギターを教えて貰っていた。


もちろん現世任務の間は“高校”とかいうところにも行かなきゃいけねえから、真白と一緒に登校したりしたし、ちゃんと任務もこなした。

……とは言っても、この二週間半の間で虚が出たのなんて、3回くらいだけれど。

平和、とは、こういうことを言うのだろう。



「しゅーへー!行くよーっ!」

「おう!」



今日は火曜日、もちろん学校があるわけで、俺と真白は朝、一緒に登校した。

周りからは何度も仲が良いと言われ、その度に真白はありがとうと言って返していた。


最初は、俺と真白はどういう関係なのかを訊かれて、俺があたふたしている間に真白がきっちり説明してくれていた。

真白は“遠い遠い、とってもとおーい親戚。らしいの”という設定にしたみたいだ。


時間というものは止まることなく確実に進んでいき、1限のときに“昼までにあと3時間もある”とかって考えていたのにも関わらず、気づけばもう昼になっていて、放課後になっていた。

放課後は、大体の生徒が“部活”というものに行くらしい。

帰宅部と言って、部活に入らず家に帰る奴もいるみてえだ。


真白はコーラス部とかいうのに入っていて、俺は毎日みずきと一緒にコーラス部の部室まで行って部活を見てから、真白と一緒に帰る。

先に帰っててくれてもいいのに、と真白は言ったが、部活が終わるのは7時半くらいで、帰るころには8時前になっているから危ねえっつって、俺は先に帰らずに真白と帰る。



「ねー、修兵」

「どうした?」



それで、だ。

どうやら俺は、真白を好きになっちまったらしい。

俺は死神で真白は現世の人間だ。

そんなことあっちゃいけねえとはわかってる、俺だって、伊達に死神やってきたわけじゃねえ。


人が死んで尸魂界に行ったときどうなるかくらいも、わかってる。



「ギター上手になったよね」

「真白の教え方が上手いからな」

「そう、かな?」

「ああ。礼言うぜ」



けど好きなもんは好きなんだ、仕方ねえ。

想いを伝えるってことさえしなけりゃ、それで大丈夫だ。

俺が苦しむだけだから、それでいい。

想いを伝えて、それで真白が悩んだり苦しんだりしたら、それこそ辛え。


俺と真白はいつものように、他愛もない会話をしながら暗くなった帰路を歩いた。

家に着くと真白はすぐに着替えて、食事の用意を始めた。

俺も手伝おうかと思って、キッチンに行った。

真白はありがとうと言って、二人で食事を作っていた。



「修兵、訊いてもいい?」

「なんだ?」

「人って、死んだらどうなるの?」

「真白……?」



突然のことだった。

くだらない話やギターの話をしながら、二人で料理を作っていただけだった。

なのに突然、真白が訊いた。


俺が、死神だってわかってるからだ。



「何、言ってんだよ。真白はまだ死なねえだろ?」

「そうだけど。でもね、怖いの、死んだらどうなるか、わからないから」



真白の言葉に、何も言えなかった。


死に対する恐怖は確かに、ある――いや、あった。

それは底知れぬ恐怖で、考えるだけでどん底に突き落とされたような気分になった。

きっと今の真白も、そんな感じだろう。



「真白、俺、約束するから」

「約束?」

「ああ。人が死んだら、地獄に行くか、尸魂界に行くかだ。真白なら絶対、尸魂界に行ける。だからそのときは必ず、俺が真白を迎えに行く」

「……うん」



例え真白が、俺のことを覚えていないのだとしても。


俺たちの間にはただ沈黙が流れて、味噌汁を作っている小さめの鍋が、コトコトと音を立てているだけだった。



(2009.10.23)



BL小説コンテスト結果発表!
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -