何が何だかわからないくらいの、物凄い音が聞こえた。

と同時に、激しい痛みに襲われた。



「っつ……。アイツ、俺だけは容赦ねえな……」



俺は、八席の部下と共に現世へ任務に来た。

長期滞在の任務だ。

空座町を虚から護るっつう、ごく普通の任務。



「あ、あの……っ」



不意にどこかから声が聞こえた。

起き上がって辺りを見渡してみる。



「大丈夫、ですか……?」



俺の右側に、一人の女の子が座り込んでいた。

余程驚いているのか、目を見開いている。



「怪我とか、ないですか……?」

「あぁ、大丈夫だ」



俺と彼女の周りは、瓦礫だらけ。

俺が……壊したんだよな。



「お前……ここ、切れてるぞ」

「へ?」



彼女の右の頬に手を伸ばす。

傷は浅いけど、少し切れて、血が出ている。


血を親指で拭ってやると、彼女は少し痛そうな顔をした。



「つか、俺が見えんのか?」

「死神さん、ですよね?黒崎くんみたいな」



黒崎が死神代行だって知ってんなら、納得いくな。

俺が見えてもおかしくねえ。



「あ、あの……」

「なんだ?」

「えっと、その、お名前を……」



言いにくそうにしながらも、彼女は言う。

名前、か。


つか敬語が気になる。

まぁ、癖なのかもしんねえけど。



「檜佐木修兵だ。お前は?」

「私……は、華紀真白です」



少しだけ目を輝かせて、彼女は俺の名前を聞いた。

少しだけ照れながら、彼女は名前を教えてくれた。


不意に、沈黙が流れる。

しばらくの間、俺と彼女はただじっと見つめ合っていた。



「ここ、真白の家、だよな?」



コクリと頷く真白。

やっぱりか……と俺は思い、少し後悔した。


次にアイツに会ったら一発ぶん殴ってやろう。

そう、心に決めた。



「なんか……悪いな、こんなめちゃくちゃにしちまって」

「全然いいんです!一時間あれば直りますから!」



一時間あれば直る、という言葉に、俺は首をかしげた。


どうして一時間あれば直るのだろうか。

そもそも、本当に一時間で直るのだろうか。

と、疑問が出てきたから。



「知り合いの人に、壊れた家を直すの専門の人がいるんです」



そんな俺に、真白は補足をしてくれた。

大丈夫なのかと問えば、大丈夫だと言葉が返ってきた。


どこからか真白は携帯を取り出して、電話をかけはじめる。

きっと、さっき言ってた知り合いにだろう。

電話を終えると、真白は俺を一階へ案内してくれた。


一階はあまり被害を受けていないようで、ところどころ物が落ちているくらいで他は普通の部屋だった。


リビングに俺は案内されて、椅子に座って待っていると真白が飲み物を持ってきてくれた。

俺がそれを受け取るとチャイムが鳴って、真白の知り合いが来た。

その知り合いに、俺は見えていないようだった。



「あの、檜佐木、さん?」

「どうした?」

「現世へは、任務で?」

「ああ、そうだ」



呼び方とか、敬語とかが、やっぱり気になる。

けどそのことはあとで言おうと、出しかけた言葉を喉の奥に引っ込めた。


真白はしばらく考えるような素振りを見せたあと、口を開いた。



「泊まるところとか、決まってますか?」

「いや、特に決まってねえが……」

「じゃ、じゃあ!私の家でよければ、お泊めします!」

「いいのか?」



はい!と、真白は目を輝かせて答えた。

だから真白の言葉に甘えて、任務の間は真白の家に泊めてもらうことにした。



(2009.10.22)



BL小説コンテスト結果発表!
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -