三回ノックをして失礼しますと言葉を紡ぐ。扉を開けて中に入ると綱吉がペンを置いたところだった。執務机を回って椅子のある方から綱吉へお茶とお菓子を出す。と、不意に座ったまま綱吉が私の腰に抱きついてきた。



「綱吉?」

「真白……」

「どうかした?何かあったの?」

「俺……やっぱり怖いんだ」



綱吉を抱きしめ返して頭を撫でてあげる。ぽつりぽつりと、綱吉は色々なことを話し始めた。獄寺くんのこと、山本くんのこと、雲雀くんのこと、ランボのこと、クロームやハルや京子のこと。いつになく弱気な綱吉は、まるで昔の綱吉だった。



「信じてるんでしょう?みんなのこと」

「うん。信じてるからこそ、怖いんだ。……失う、ことが」

「そう、ね」

「真白だけは、いなくならないでくれ……」



上目遣いに私を見て綱吉は呟いた。そんな綱吉に私は唇を寄せた、いなくならないよと思いを乗せて。それからしばらく綱吉は私の腰に抱きついたままだった。私はその間中ずっと頭を撫でていた。




(2012.03.19)



話題のバーチャルSNSアプリ
バチャスペ
- ナノ -