ひらひらと桜の花びらが舞う季節、俺はある場所の一本の桜へ向かった。辿り着くとそこには真白がいた。幹に右手で触れて、左手は胸の辺りに置いているようだった。俯いて何をしているのか……俺は迷った末に声をかけた。



「真白」

「、恋次」

「何してんだ?」

「思い出していたの」



何を、と問うてもいいのか葛藤している間に真白の方から話し始めた。俺なんかが聞いてもいいのかと思ったけれど、話し出したならきっといいのだろう。何年も前にこの桜の下で永遠の愛を誓い合った男がいる、という話だった。



「ケジメをつけようと思って、来たの」

「乗り越えたんだな」

「そう……だといいな。ねえ恋次、傍にいてくれる?」

「……俺でいいなら。いつまでだろうと真白の傍にいてやるよ」



ありがとうと小さく音にして真白は涙を流した。それが悲しみの涙なのか喜びの涙なのかは訊けなかった。ただ零れたのは一筋だけで、吹き抜けた風が花びらと共にさらっていった。



(2012.03.24)



話題のイラストメタバース
バチャスペ
- ナノ -