僕は真白の部屋へ急いだ。あれが事実ならば……一刻も早く戦いをやめさせなければならない。じゃないと真白は――。ノックもせずに真白の部屋の扉を開く。真白は呑気に歌なんて歌っていた。



「真白!余命あと三年って本当なの?」

「ああ、そのこと?」

「何を呑気に!本当なら、今すぐ戦うのを、」

「私の余命が医者になんてわかるわけがないわ。私以上に私を知る人はいないもの」



真白は相変わらずだった。自分以上に自分を知る人はいない、昔からずっとそう言い続けていた。時には友人の方がわかることもある、ということもわかっていたけれど。僕は真白を衝動に任せて抱きしめた。



「だけど……」

「それにアレンが死する時こそ私の死よ。だからって、私が死する時がアレンの死ではないけれど」

「変わらないね、真白は」

「当たり前よ。すぐに変わる人なんて、すぐに死ぬわ」



余命を否定してくれて安心した僕がいた。何故だか涙が溢れそうになって真白に口づける。しばらくして唇を離すと、真白はいつもの顔で笑っていた。今度は真白が優しく僕を抱きしめてくれた。



(2012.03.15)



BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -