「まさか、こんなにも早くバレてしまうなんて思わなかったわ」

「最初から疑っていたからな」

「私が入隊した時から?」

「ああ。女が入ってくるのは珍しい」

「今まで恋人としてやってきたのも、演技?」

「……それは、」

「まあどっちでもいいわ。私は楽しかったもの」

「演技じゃねぇ。俺は確かに真白が好きだった」

「、ありがとう。それが聞けて嬉しいわ」

「アジトには戻らねぇのか」

「私がアジトに戻ったら、ヴァリアーがなめられてしまうじゃない。スパイを見抜いたのに殺せず挙句敵に情報が知れ渡った、なんて、とてつもなく間抜けよ。それも女だと余計にね」

「真白側にとっちゃあ好都合だろうが」

「そう、ね……。けれど私はザンザスを選んだのよ。ただし誇りは忘れていない」

「それで真白は、死を選ぶと?」

「ええ。もちろんザンザス、貴方が殺してくれるんでしょう?」

「真白が望むなら、な」

「望むわ。私はザンザスに殺されることを望む」

「……真白」

「なぁに?」

「お前が生きる手はねぇのか」

「あら、ザンザスでも、そんなことを言うのね」

「真面目に言っている」

「ごめんなさい。嬉しくて、つい。私が生きる道か……」

「真白は死んだと噂を流す」

「そんなの生きている心地がしないわ」

「俺の前でだけ生きていればいい」

「それなら、私は貴方の心の中で生きるわ。誇りは忘れていないって言ったでしょう?」

「真白……、」

「大丈夫よ、きっとまた会えるわ」

「真白は死ぬのに、か?」

「ふふ、そうね。でも何となくそんな気がするのよ。この時代に生まれ変わるのか……来世なのかは、わからないけれど」

「俺は」

「今一緒にいたい、のよね?」

「……」

「私は……私の心は、ずっとここにあるわ。ザンザスの中に、ずっと。貴方が私のことを想っていてくれる限り、ね」

「真白、お前は、」

「そんなことはないわ。怖くて仕方がないもの。だから、お願い、早く殺して」

「……短い付き合いだったな」

「ええ……。だけど、今までで一番幸せだったわ。ありがとう、ザンザス」

「あぁ」



弾は静かに貫通し床に倒れた。

その体をぎゅっと抱きしめた。

最期にゆるく微笑んで逝った。



(2012.02.21)



BL小説コンテスト開催中
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -