その言葉が、真白の最期の言葉だった。


ラビ、と呼ぶ声が聴こえて、少しの間閉じていた目を開ける。

真白が、哀しそうな顔で笑っていた。

見ているのが、とても辛くて……。

思わず、触れるだけの短いものだったけれど、キスをした。



「らび……、ごめんね、ありがとう……」

「真白……?!」

「ら、び……」

「真白っ!真白っ!真白ーっ!」



人工呼吸器を外したままだったのがいけなかったんだ。

キスのあと、すぐにもう一度つけてやれば、真白は助かっていたかもしれない。


俺の中にはさっき以上の後悔が襲ってきて、その後悔をどうすることも出来なかった。


真白の手をぎゅっと握って、俺は名前を呼び続けた。

戻ってきてくれと、願いを込めて。


……何をしても、戻ってこないとわかっていながら。


だけど信じたくなかった。

真白が死んだなんて……。

まだ生きていると、ただ疲れたから眠って休んでいるだけなんだと、思いたくて。


俺の頭は混乱する一方で、何も考えられなかった。




今でもまだ引きずってる。

真白のことを後悔してる。


俺がもっと強く言っていれば、真白が死ぬことはなかったんだって、そう思う。



「真白……」



帰ってこいよ、と、何度呟いたことだろうか。


わかってる、もう真白はいないことくらい。

わかってる、もう真白が帰ってこないことくらい。

わかっているからこそ、そう願う。

辛いんさ、真白がいねぇなんて……。


ブックマンに心はいらねぇってわかってるからこそ、真白を好きになっちまったのと同じなんだ。



「なぁ、真白、」



今自分がどこにいるかさえわからねぇ。

飯食ってるかとか、風呂入ってるかとか、任務やってるかとか、そんなのも一切わからねぇ。

やってるのかもしれねぇけど、やってねぇのかもしれねぇ。


とにかく最近は、全然記憶がない。


真白が死んだあの日から、俺の時計は止まったまま。

何も記憶しないし、ピクリとも動かない。



「俺もそっち行きてぇさ……」



(2009.08.29)



話題のイラストメタバース
バチャスペ
- ナノ -