それは、ある日の出来事。

真白はいつもの場所で、いつものように鍛錬をしていた。


前日、疲労でぶっ倒れたというのにも関わらず。



「真白、」

「ん?」

「今日くらいゆっくりするさ」

「鍛錬は、日課だから」



休むということをしなかったから、真白は倒れた。

なのに真白は、それをわかっていないのだろうか。


……いや、わかってないはずはない。

わかっているけど、日課だからと自分を追い込んでいるんだ。



「今日はやめとけ、真白」

「だめだよ、やらないなんて」

「やる方がだめに決まってんだろ!」

「ラビ……?」



真白にキスをした。

乱暴にじゃない、出来るだけ優しく。


俺の想いが伝わって欲しいという願いを込めて。



「真白は、休まなきゃいけないんさ」

「休む?」

「休養も鍛錬の内だって、何回も言っただろ?」

「そう、だけどさ」



今度は真白を抱きしめた。

やっぱりさっきと同じように、同じ願いを込めて、優しく。


だけど強く、強く、壊れるくらいに。



「昨日真白が倒れたとき、俺すっげぇ怖かったんさ」



真白がいなくなっちまうんじゃねぇかって思ったら、すっげぇ怖くて……。

この世に真白がいないとか、考えられねぇんさ。


もしこの世に真白がいなくなったら、俺どうしていけばいいかわからねぇ。



『大丈夫だよ、ラビ。私はずっとラビの傍にいるから』

「もう、無茶だけはしないで欲しいさ……」



俺の背中に、真白の腕が回った。

筋肉がついているはずなのに、その細い腕が。



その日は結局、俺の説得も虚しく、真白は鍛錬をしていた。

少しは、いつもより短かった気がするけれど。


どうしたら真白を止められるかがわからねぇ。

何とかして、真白を休ませなきゃならねぇってのに……。

俺、どうしたらいいんさ……。



なぁ真白、何でお前は、そんなに無茶ばっかりするんさ……?



(2009.08.29)



BL小説コンテスト結果発表!
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -