いつもいつも、#真白は俺の言うことなんて聞かなかった。

初めて出会ったときも、真白は鍛錬をしていた。


デートとかも確かに沢山した。

けれど俺の記憶にあるのは、鍛錬姿の真白の方が多い、圧倒的に。

手を繋いだときとか、キスしたときとか、体を重ねたときとか、そういうのも一瞬一瞬瞼に焼き付いてる。

けどやっぱり、一番に思い出すのは真白が鍛錬している姿。


真白は、無茶しすぎだったんさ……。




「まだまだァ!」



目の前で戦っているのは、真白。

戦っている、と言っても鍛錬なのだけれど。


真白はいつもこんな感じだ。

毎日毎日、百人抜きっつって百人の相手を倒していく。



「真白!」

「あと五人だから、大丈夫ラビ」



いつも言われる台詞だ。

もう聞き飽きた。


だけどこうしていつも鍛錬を見守っているのは、真白が好きだから。

もし真白が倒れたときに、一番に傍に行ってやれるように。

倒れたときに、一番に支えて、受け止めてやれるように。



「ふぅ、終わったぁ」

「そんなことばっかしてたら、いつか真白、倒れちまうさ」

「大丈夫だって、そこらの女と違って、柔じゃないから」

「そうは言っても……」



大丈夫とまたふわりと笑って言われて、結局俺はそれに負けてしまう。


時にはちゃんと怒ってやらねぇといけねぇってことは、わかってる。

だけど真白が一度笑ってしまえば、怒るチャンスを逃してしまうのだ。


真白は、そういう奴。



「たまには丸々一日、休みの日くらい作った方がいいさ」

「そーかなぁ」

「体休めるのも、鍛錬の一つだろ?」

「……だね」



真白は納得はするけれど、それを実行に移しはしない。


前に一度、俺が無理矢理休ませたこともある。

でも真白はそれに怒って、そのとき初めてケンカしたんさ。


強制はよくないってわかってるけど、そうまでしなきゃ真白は休むということをしない。

休まない方が、体に負荷がかかる、よな……。



「真白、」

「ん?」

「明日どっか遊びに行くさ」

「遊びに?」



明日は任務ないからと言えば、珍しく真白は賛成してくれた。



(2009.08.29)



BL小説コンテスト結果発表!
テーマ「禁断の関係」
- ナノ -